GeForce GTX 1660 Superの性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

GTX1660SUPERの性能比較

GeForce GTX 1660 SUPERの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • GTX 1660 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりGTX 1660 SUPERの性能を検証しています。

GTX 1660 SUPER搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

GTX 1660 SUPERのスペック概要

GTX 1660 Super GTX 1650 Super GTX 1070
CUDA コア 1408 1280 1920
トランジスタ数 66億 66億 72億
ダイサイズ 284 m㎡ 284 m㎡ 314 m㎡
ブーストクロック 1785 MHz 1725 MHz 1683 MHz
ベースクロック 1530 MHz 1530 MHz 1506 MHz
メモリ速度 14 Gbps 12 Gbps 8 Gbps
メモリ構成 6GB GDDR6 4GB GDDR6 8GB GDDR5
メモリインターフェイス幅 192 bit 128 bit 256 bit
メモリ帯域幅 336 GB/s 192 GB/s 256 GB/s
TDP 125W 100W 150W
参考価格 $228 $160 $379

引用元:NVIDIA公式サイト

GTX 1660 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

同じエントリークラス向けのGPU「GTX 1650 SUPER」と比較すると、コアとメモリが強化されています。

コアの増加により処理能力が上昇し、メモリの強化によって一度に処理できる情報が多くなっています。

価格差はありますが、価格以上のスペックアップがされているため、コスパも良くなっていると言えます。

前世代のミドルスペックであった「GTX 1070」との比較では、コア数をはじめ多くのスペックでやや劣るものの、メモリ構成では上位モデルが採用されています。

「GTX 1660 SUPER」と「GTX 1070」はほぼ同じスペックと考えて良いでしょう。

一方価格は大幅に下がっているので、コストダウンにも成功しています。

GTX 1660との差はメモリ構成のみ

「GTX 1660 SUPER」と「GTX 1660」の違いは、メモリに「GDDR6」が採用されているか「GDDR5」が採用されているかの違いのみです。

当然「GDDR6」の方が優れているので、単純にスペックアップされたGPUと考えて良いです。

価格差もほとんどなく(参考価格で$10程度)なので、GTX 1660を選ぶ理由はないでしょう。

GTX 1660 Tiよりやや性能が低いがコスパは上回る

GTX 1660の上位モデル「GTX 1660 Ti」にはやや性能が劣ります。

ただし価格差が$50ほどあり、性能差と価格差を考えれば「GTX 1660 SUPER」の方がコスパに優れます。

GTX 1660 Superはエントリークラスの中心に

GTX 1660 SUPERはエントリークラスのゲーミングPCによく採用されるGPUです。

これはRTX30シリーズの発売後も変わらず、RTX2080シリーズがほぼ市場から消えたのに対し、GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCはそのまま残っています。

初心者、カジュアル向けとして性能は十分ですし、価格もとても安く10万円以下で購入できるモデルに搭載しやすいため、今後もエントリークラス用として重宝されそうです。

GTX 1660 SUPERの性能比較

「GTX 1080」以下のグラフィックボードは、スコアがほぼ2000以内に収まっています。

「GTX 1660 SUPER」はその中でも中間に位置し、前世代で主流となった「GTX 1070 Ti」にも劣らないグラフィック性能を持っていることがわかります。

また「GTX 1070」とほぼ同じスペックであることがこのグラフからも見て取れます。

「GTX 1660 SUPER」は価格の安いエントリー向けとして立場を確立しているので、今後も変わらずラインナップに並び続けるでしょう。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

GTX 1660 SUPERのゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームや対戦ゲームは画質より240fpsを維持することが目標にされていますが、GTX 1660 SUPERのスペックでは144fpsを目標とするのが現実的でしょう。

PUBG

PUBGはフルHDの普通でのプレイがおすすめです。

フルHDの普通画質なら144fpsを維持することができます。

フルHD最高画質でも60fpsなら維持することができるので、モニターなど環境に合わせた設定にしましょう。

Apex Legends

Apex LegendsはフルHDの高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの高画質なら144fpsを維持することができます。

フルHDの低画質設定なら240fpsを維持できますが、グラフィックが荒いのでゲームプレイに支障がでるケースがあります。

フォートナイト

フォートナイトはフルHDの普通でのプレイがおすすめです。

フルHDの普通画質なら144fpsを維持することができます。

フルHDの高画質設定でもアベレージfpsは144fpsを越えますが、負荷のかかるシーンで144fpsを下回る可能性があります。

Fallout 76

Fallout76は純粋なFPSゲームではないので、ややグラフィックを重視したWQHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

WQHDの最高画質では80fps以上を維持することができます。

144fps以上を維持するならフルHDの高画質設定で可能です。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質では240fpsを維持することができます。

シーンによって240fpsを下回ることはありますが、200fps以上をしっかり維持できるのでこの設定が良いでしょう。

レインボーシックスシージ

R6SではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの普通画質まで落とせば240fpsを維持できますが、240fps対応モニターが必要ですから、環境に合わせて設定しましょう。

WQHDの普通画質でも144fpsは維持できますが、R6Sは古いゲームでWQHDでプレイするメリットが少ないため、フルHDで良いでしょう。

FINAL FANTASY XV

FF15はソロRPGですので、それほど高フレームレートを維持する必要はありません。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

フルHDの最高画質、もしくはWQHDの高画質設定がおすすめです。

これらの設定では60fps以上を維持することができるので、綺麗なグラフィックで安定したゲームプレイが可能です。

GTX 1660 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

ドスパラ ガレリア RM5C-G60S

バランス抜群のミニタワー

ドスパラ
ガレリア RM5C-G60S

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:550W(80PLUS BRONZE)

¥119,980円(税別)
分割払い:¥3,200円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

CPUに「Core i5-10400」を、グラフィックボードに「GeForce 1660 SUPER」を採用した、性能バランスが素晴らしいモデルです。
「Core i5-10400」は第10世代の中でも特に優れたCPUで、「Ryzen 5 3500」より高性能です。
高負荷時には高温になる組み合わせですが、冷却性能の高い新ケースと140㎜の冷却ファンを内蔵しており、静音性の高い冷却性能で補います。
メモリは16GBと動作はサクサク、ストレージにはNVMeのSSDが採用されているためロード時間の短縮を促します。
初期構成ではストレージが「SSD 512GB」のみなので、必要に応じてHDDを追加するのも良いでしょう。

パソコン工房 LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX

ドラクエ10推奨モデル

パソコン工房
LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:240G SATA SSD
HDD:無し
電源:500W(80PLUS BRONZE)

¥89,980円(税別)
分割払い:¥3,000円(税込)/月

5

性能

6

コスパ

7

静音性

6.5

総合評価

CPUに「Ryzen 5 3600」を、グラフィックボードに「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載したドラクエ10推奨ゲーミングPC。
コスパを重視した構成で、ドラクエ10は推奨スペックが低いため性能はエントリークラスです。
ストレージ容量が「240GB SATA SSD」とやや心もとないため、予算にゆとりがあれば「500GB NVMe SSD」へカスタマイズして注文するのがおすすめです。
光学ドライブにDVDスーパーマルチが搭載されています。

フロンティア FRGKB460/SG1

コンパクトなマイクロタワー

フロンティア
FRGKB460/SG1

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700F
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:1TB
電源:600W(80PLUS BRONZE)

¥119,800円(税別)
分割払い:非対応

7.5

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

省スペースのマイクロタワーケースを採用したゲーミングPCです。
幅(W):約209mm x 高さ(H):約381mm x 奥行(D):約391mmで場所を取らず、机の上に置いても邪魔になりません。
CPUに「インテル Core i7-10700F」を、グラフィックボードに「GeForce GTX 1660 SUPER」を搭載したCPU重視の構成になっています。
PCゲームはほぼ全て快適に動作しますが、中でもCPUが重要となるFPSゲームなどの対戦ゲームで性能を発揮するでしょう。
マイクロケースながらメモリは16GB、ストレージは500GBSSDと1TBHDDのたっぷり構成で、カスタマイズなしで快適に使用できます。
大きなデスクトップを配置するスペースがない方におすすめのゲーミングPCと言えます。

GTX 1660 SUPERの性能比較まとめ

GTX 1660 SUPERの性能を様々な観点から比較しました。

GTX 1660 SUPERの性能は最新GPUと比べかなり低いものの、グラフィック性能そのものが絶望的に低いわけではなく、PCゲームを普通にプレイする上では全く問題のない性能を備えています。

価格が安いグラフィックボードなのでRTX30シリーズ発売後もしっかり棲み分けされ、今後もエントリーモデル用のGPUとして選ばれていくモデルでしょう。

タイトルとURLをコピーしました