Radeon RX 6800XTの性能比較・レビュー

Radeon RX 6800XTの性能比較

Radeon RX 6800XTの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RX 6800XTと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRX 6800XTの性能を検証しています。

RX 6800XT搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RX 6800XTのスペック概要

RX 6800XT RTX 3080 RX 6800
CUDA コア 4608 8704 3840
トランジスタ数 268億 280億 268億
ダイサイズ 519 m㎡ 628 m㎡ 519 m㎡
ブーストクロック 2250 MHz 1710 MHz 2105 MHz
ベースクロック 2015 MHz 1440 MHz 1815 MHz
メモリ速度 16 Gbps 19 Gbps 16 Gbps
メモリ構成 16GB GDDR6 10GB GDDR6X 16GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256 bit 320 bit 256 bit
メモリ帯域幅 512 GB/s 760.3 GB/s 512 GB/s
TDP 300W 320W 250W
参考価格 $649 $699 $579

引用元:NVIDIA公式サイト

RX 6800XTと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RX 6800と比較すると基本スペックに大きな違いはありません。

コア数やベースクロックが増加したことにより消費電力が50W上昇、価格が$70上がっているのが特徴です。

メモリ周りは共通です。

RTX 3080と比較すると全体的なスペックは劣っていますが、価格は$50抑えられています。

メモリ構成のみRTX 3080より優れており、16GBを搭載しているため一部ゲームではこのVRAMが有利に働きます。

ベンチマークスコアはRTX 3080と同等なので、コスパ重視ならRX 6800XTが選ばれます。

RX 6800XTのレイトレーシング性能はRTX3070以下

WQHD画質ではRTX 3080に匹敵する性能を持っていますが、フルHDや4Kでは劣っています。

レイトレーシング性能ではRTX 3070よりも低い性能となっており、RTX 30シリーズのDLSSシステムによって更にゲーミング性能に差が生まれます。

ゲームプレイを優先したGPU選びであれば、レイトレーシング・DLSSが優れているRTX 30シリーズが無難です。

RTX 3080より価格が安い

RTX 3080より価格が$50安いのでコスパが良いです。

普段使いのGPUとして使用するならRX 6800XTは優秀です。

ただしゲーミング性能を考慮すると、RTX 3070やRTX 3080のほうがおすすめです。

RTX30シリーズを抑えるのはやや厳しい

現在の画質設定の主流はフルHD、画質設定を上げるなら4Kであり、これら設定での使用を考えると選択肢にはなりにくいです。

RTX 30シリーズは価格が安くコスパにも優れており、4Kにも対応できるためRTX 30シリーズを抑えることは難しいです。

RX 6800XTの性能比較

RX 6800XTのベンチマークスコアです。

RTX 3080と同等のスコアを出していることから、高い性能を秘めていることが分かります。

ただしRTX 30シリーズよりもレイトレーシングが劣っており、DLSSも利用できないことから、ゲーミング性能は大きな期待はできません。

クリエイター向けのGPUで3DCGやCAD、動画編集といった用途で本領発揮します。

エンコードや描画性能ではRTX 3080に引けを取らない性能です。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

PUBG

PUBGのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

TPS・FPSなのでフレームレートを優先し、144FPSを維持できる設定です。

フルHDで240Hzに対応したモニターを使用している場合、高設定や中設定で最高フレームレートのプレイをすることができます。

4Kは最高設定、高設定だと144FPS下回るので戦闘が不利になります。

Apex Legends

Apex LegendsのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定でも240FPSが安定するため、高いパフォーマンスを発揮できます。

4Kは最高設定にすると60FPS程度に低下するため、FPSというジャンル性から高設定が無難です。

フォートナイト

フォートナイトのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDで240Hzに対応したモニターを使用している場合、高設定にすることで最高フレームレートのプレイが可能です。

4Kは高設定・最高設定にすることで、フレームレート60FPS程度に低下します。プレイ自体は問題なくできるため、グラフィック重視の方は上げて問題ありません。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定でも244FPSを維持することが可能で、どんなモニターでも対応できます。

4Kは高設定なら144FPSでのプレイが、最高設定にすると60FPSのプレイが可能です。グラフィック重視の場合、最高設定でプレイしても快適です。

ヴァロラント

ヴァロラントのRX 6900XTフレームレート

フルHD・4K共に最高設定がおすすめです。

どちらの設定でも240FPSが維持でき、快適なプレイが行えます。

マイクロソフト フライトシミュレーター

マイクロソフト フライトシミュレーターのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら高設定か中設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDの最高設定は高負荷時に60FPSを下回るので、カクつくことがあります。

シミュレーションゲームなので、多少のカクツキが気にならない方は最高設定で問題ありません。

4Kは最高設定にすると60FPSを常時下回るので、快適なゲームプレイが難しいです。

安定したフレームレートを確保するなら中設定、画質を優先するなら高設定にしましょう。

コールオブデューティ:BOCW

コールオブデューティ:BOCWのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDは最高設定でも144FPSが維持されるため、快適にプレイ可能です。

高設定なら240FPSを出すことができるため、戦闘を有利に進められます。

4Kは最高設定にすると高負荷時に60FPS下回るため、FPS向きではありません。

高設定で60FPS、中設定で144FPSが安定するため、画質・フレームレートの好みに合わせて設定しましょう。

アサシンクリード ヴァルハラ

アサシンクリード ヴァルハラのRX 6900XTフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定でも60FPSが維持可能で、高設定にすることで144FPS出すことができます。

4Kは最高設定だと60FPSを下回るため快適ではありません。

RX 6800XT搭載のおすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-G0X5-R58X-DYXH

RX 6800XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G0X5-R58X-DYXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:Radeon RX 6800 XT
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)

¥235,980円(税別)
分割払い:¥5,400円(税込)/月

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

パソコン工房 LEVEL-G04A-LCiX9K-DYXH

RX 6800XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G04A-LCiX9K-DYXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:Radeon RX 6800 XT
メモリ:32GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)

¥245,980円(税別)
分割払い:¥5,700円(税込)/月

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RX 6800XTの性能比較まとめ

RX 6800XTの性能を様々な観点から比較しました。

現行環境ではRTX 30シリーズのゲーミング性能が高いため、ゲーム目的では選択肢に入りにくいGPUです。

ゲーム以上にクリエイター向けのコスパが良いGPUなので、動画投稿者や3DCG・CADを使う方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました