GeForce RTX 2080 SUPERの性能比較・レビュー

RTX 2080 SUPERの性能比較

GeForce RTX 2080 SUPERの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 2080 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 2080 SUPERの性能を検証しています。

RTX 2080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX 2080 SUPERのスペック概要

RTX 2080 Super RTX 2080 Ti RTX 2080
CUDA コア 3072 4352 2944
トランジスタ数 136億 186億 136億
ダイサイズ 545 m㎡ 754 m㎡ 545 m㎡
ブーストクロック 1815 MHz 1545 MHz 1710 MHz
ベースクロック 1650 MHz 1350 MHz 1515 MHz
メモリ速度 15.5 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 8GB GDDR6 11GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256 bit 352 bit 256 bit
メモリ帯域幅 496 GB/s 616 GB/s 448 GB/s
TDP 250W 250W 215W
参考価格 $699 $999 $699

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 2080 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

「RTX 2080 SUPER」は「RTX 2080」の上位モデルですが、それほど大きな性能アップは見られません。

それでも価格が同じですから、確実に「RTX 2080 SUPER」の方が優れています。

「RTX 2080 Ti」は「RTX 2080 SUPER」の上位モデルであり、RTX20シリーズで最高の性能を誇ります。

「RTX 2080 Ti」の方が優れたグラフィックボードであることは間違いありませんが、RTX30シリーズのリリースによって良い選択肢ではなくなりました。

「RTX 3080」は「RTX 2080 SUPER」や「RTX 2080 Ti」より遥かに高い性能を持ちながら、価格は「RTX 2080 SUPER」と同じです。

つまり、RTX 2080 SUPERを買うならRTX 3080を購入した方が良いわけです。

GeForce RTX 3080の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】
GeForce RTX 3080の性能比較をしています。性能が近いモデルとの仕様比較、グラフィック性能比較、ゲームタイトル別のfps比較を行いRTX 3080の性能を検証しました。RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCも紹介しています。
GeForce RTX 3090の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】
GeForce RTX 3090の性能比較をしています。性能が近いモデルとの仕様比較、グラフィック性能比較、ゲームタイトル別のfps比較を行いRTX 3090の性能を検証しました。RTX 3090搭載のおすすめゲーミングPCも紹介しています。

RTX 2080よりわずかな性能アップのみ

RTX 2080 SUPERは「RTX 2080」から価格はそのままに、微妙な性能アップがされただけのグラフィックボードと言えます。

わざわざRTX 2080から乗り換える必要は全くありませんし、これからグラフィックボードを買い換えるならRTX 3080の方が確実に良いでしょう。

RTX 2080 SUPERは市場から消えつつある

RTX 2080 SUPERの価格は、RTX 3080と同じであると上で解説しました。

そのためRTX 2080 SUPERを採用するメリットがなく、各BTOショップからRTX 2080 SUPERを採用したゲーミングPCが消えつつあります。

そしてRTX 3080搭載のゲーミングPCが急増しています。

ただし2020年10月現在では、RTX30シリーズは品薄の状況です。

現在もRTX 2080 SUPERのゲーミングPCを販売しているBTOショップは少なく、在庫品だけであるか、RTX30シリーズの市場在庫が十分になるまでの繋ぎと考えて良いでしょう。

RTX 2080 SUPERはやや中途半端な性能

RTX 2080や前世代最高クラスである「GTX 1080 Ti」より性能の高いモデルにはなっているものの、大きく性能が向上しているわけではないインパクトは少ないモデルです。

コスパでも「RTX 2070 Super」が高性能で性能差を縮めたモデルであったため、中途半端な性能になってしまっています。

RTX 2080 SUPERの性能比較

RTX 2080 Superのベンチマークスコアは以上となっています。

RTX 2080 SUPERは前世代最高のGTX 1080 Tiよりも高性能です。

ただしRTX 2070 SUPERと比べ大きくスコア差がなく、コスパではRTX 2070 SUPERに劣っています。

更に新たにリリースされたRTX 3090とRTX 3080のグラフィック性能が圧倒的であり、かつ価格もRTX 2080 SUPERと変わらないため、今後RTX 2080 SUPERを選択するメリットはないでしょう。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 2080 SUPERのゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームや対戦ゲームはやや特殊で、画質より240fpsを維持することが目標にされています。

PUBG

PUBGはフルHDの普通画質でのプレイがおすすめです。

普通画質では240fpsを維持でき、高画質では144fpsを維持できます。

最高画質では100fpsは維持できますが、シーンによって100fpsを下回る場合があります。

WQHDでプレイする場合は低画質設定まで落とさなければ240fpsは維持できません。

Apex Legends

ApexはフルHDの普通画質でのプレイがおすすめです。

普通画質では240fpsを維持でき、高画質では200fpsを維持できます。

最高画質では144fpsは維持できますが、240fpsは厳しいです。

フォートナイト

ApexはフルHDの普通画質でのプレイがおすすめです。

普通画質では240fpsを維持でき、高画質では200fpsを維持できます。

最高画質では144fpsは維持できますが、240fpsは厳しいです。

Fallout 76

Fallout 76ではWQHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

純粋なFPSゲームではないのでややグラフィックを重視し、WQHD最高画質でのプレイで200fpsを維持できます。

4Kの最高画質でも60fpsは確保できますし、WQHDでも普通画質まで落とせば240fpsを維持できます。

オーバーウォッチ

ApexはフルHDの高画質でのプレイがおすすめです。

フルHD高画質では300fpsを維持でき、最高画質では200fpsを維持できます。

WQHDでは普通画質まで落とせば240fpsを維持でき、最高画質では144fpsなら維持可能です。

レインボーシックスシージ

ApexはフルHDの最高画質で240fpsが維持できます。

WQHDでは高画質設定なら240fpsを維持できますが、最高画質では200fps程度に留まります。

ただしR6Sは新しいゲームではないので、そもそもWQHDでプレイするメリットがほとんどありません。

FINAL FANTASY XV

FF15はWQHD最高画質でのプレイがおすすめです。

FF15はソロRPGですので、それほど高フレームレートを維持する必要はありません。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

WQHD最高画質で93fpsを維持できますから、高負荷時も60fps以上は安定するでしょう。

RTX 2080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

RTX 2080 SUPERを搭載したゲーミングPCは、BTOショップ各社一斉に取り扱いをやめています。

これは上でも解説したように、価格が同じで圧倒的に高い性能を持つRTX 3080への入れ替えが理由であると考えられます。

現状RTX 3080は国内在庫が少なく、供給が追いついていません。

そのためBTOショップによってはRTX 2080 SUPERをラインナップに残しているメーカーもありますが、PC購入を急いでいなければここで紹介するモデルはおすすめしません。

>> RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCはこちら

パソコン工房 LEVEL-R049-iX7K-TWXH-VODKA

「ボドカ」コラボモデル

パソコン工房
LEVEL-R049-iX7K-TWXH-VODKA

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥170,980円(税別)
分割払い:¥3,900円(税込)/月

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

eスポーツストリーマー「ボドカ」コラボモデルです。
CPUに「Core i7-10700K」を、GPUに「GeForce RTX 2080 SUPER」を搭載したハイエンドゲーミングPC。
CPU、グラフィックボードともに最高クラスのパーツを採用しており、負荷の高いゲームでも高画質設定で高い平均fpsを維持できます。
SSDはSATAではなくNVMe接続を採用しているため高速で、HDDとダブル搭載している容量十分なPCです。

ツクモ G-GEAR GA9A-J194/XT

RTX2080SUPER搭載モデル

TSUKUMO(ツクモ)
G-GEAR GA9A-J194/XT

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 3900X
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB
電源:750W(80PLUS GOLD)

¥254,800円(税込)

7.5

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

GPUに「RTX 2080 SUPER」を、CPUに「Ryzen 9 3900X」を搭載したゲーミングPC。
RTX2080SUPERを搭載したモデルは少なくなっており、価格が同じで性能が格段に高いRTX3080に淘汰されつつあります。
現状RTX3080の国内在庫がかなり少ないため、既存のRTX2080SUPERを使用したモデルを用意している形と思われます。
RTX3080の在庫増加が待てず、すぐにゲーミングPCが必要という方以外にはあまりおすすめできません。

RTX 2080 SUPERの性能比較まとめ

RTX 2080 SUPERの性能を様々な観点から比較しました。

RTX 2080 SUPERはRTX 2080から性能が微増された、やや中途半端なモデルでした。

RTX30シリーズが同じ価格で発売され、性能が大幅に上がっていますから、これからゲーミングPCを買う方の選択肢にはならないでしょう。

ただしRTX 2080 SUPERのゲーミング性能が低いわけではないので、安くなったRTX 2080 SUPERを単体で購入して交換する選択肢としてはありでしょう。

タイトルとURLをコピーしました