GeForce RTX 2060 SUPERの性能比較・レビュー

RTX2060SUPERの性能比較

GeForce RTX 2060 SUPERの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 2060 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 2060 SUPERの性能を検証しています。

RTX 2060 SUPER搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX 2060 SUPERのスペック概要

RTX 2060 Super RTX 2070 RX 5700
CUDA コア 2176 2304 2304
トランジスタ数 108億 108億 103億
ダイサイズ 445 m㎡ 445 m㎡ 251 m㎡
ブーストクロック 1650 MHz 1620 MHz 1725 MHz
ベースクロック 1470 MHz 1410 MHz 1465 MHz
メモリ速度 14 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256 bit 256 bit 256 bit
メモリ帯域幅 448 GB/s 448 GB/s 448 GB/s
TDP 175W 175W 180W
参考価格 $399 $499 $349

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 2060 SUPERと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX2060 SUPERを「RTX 2070」と比較すると、ほぼ同等のスペックであることがわかります。

ただしRTX 2060 SUPERの方が価格が安いため、「RTX 2060 SUPER」の方が優れています。

Ryzenでライバルとなるのは「RX 5700」です。

「RTX 2060 SUPER」と「RX 5700」はとてもよく似たスペックなので、価格の安い「RTX 5700」の方が優れているかと言うと、そうではありません。

スペック上ではよく似ていますが、「RTX 2060 SUPER」の方がよりゲーミング性能が安定するからです。

RTX30シリーズ発売後はエントリーモデルに搭載

RTX 2060 SUPERは価格が安いグラフィックボードなので、RTX30シリーズの発売後もGTX 1660 SUPERと並びエントリーモデルに採用されています。

GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCと1万円程度しか価格差がないので、RTX 2060 SUPER搭載のゲーミングPCの方がおすすめです。

RTX 2070 SUPERの方が優れたグラフィックボードですが、こちらを搭載したモデルは3万円以上の価格差があります。

コスパは悪くないが特別良くもない

RTX 2060 SUPERはバランスの良い性能ですが、コスパが良いとは言えません。

カジュアル向けのエントリーなら「GTX 1660 SUPER」で十分ですし、ミドルスペックと呼ぶには性能が不足します。

コスパでは「RTX 2070 SUPER」が頭ひとつ抜けているので、やや中途半端なグラフィックボードとなってしまっています。

RTX 2060 SUPERの性能比較

RTX 2060 SUPERの3DMarkスコアを比較してみました。

エントリークラスの定番である「GTX 1660 SUPER」と比べると性能差は大きく、「RTX 2070 SUPER」との中間に位置するグラフィック性能であることがわかります。

「RX 5700」とは3DMarkのスコアでもよく似ていますが、それでも「RTX 2060 SUPER」の方が高性能です。

このスコア比較からは「GTX 1660 SUPER」では物足りないが、「RTX 2070 SUPER」は価格が高く予算オーバーという方に丁度良い性能であることが見てとれます。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 2060 SUPERのゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

最近のFPSゲームや格闘ゲームでは、画質より240fpsを維持することが目標にされていますが、RTX 2060 SUPERでは240fps維持がやや難しいです。

144fpsを目安にすると良いでしょう。

PUBG

PUBGはフルHDの高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの高画質では144fpsでのプレイが安定します。

WQHDでは普通画質まで落とせば144fpsが維持できますが、FPSゲームでは解像度を重視するメリットがないため、フルHDでfpsを少しでも上げた方が良いでしょう。

Apex Legends

PUBGはフルHDの高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの高画質では144fpsでのプレイが安定します。

187fpsほど出るので、負荷の高いシーンでも確実に144fpsを維持できるでしょう。

WQHDでも高画質で144fpsを出すことができますが、ギリギリのスコアなのでシーンによって下回る可能性があります。

フォートナイト

フォートナイトはフルHDの高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの高画質では144fpsでのプレイが安定します。

185fpsほど出るので、負荷の高いシーンでも確実に144fpsを維持できるでしょう。

WQHDでは普通画質まで落とすことで144fpsが安定しますが、フルHD画質で特に問題はないでしょう。

Fallout 76

Fallout 76ではWQHDの高画質でのプレイがおすすめです。

純粋なFPSゲームではないのでややグラフィックを重視し、WQHD高画質でのプレイで144fpsを維持できます。

フルHDでは最高画質で144fpsが維持できますが、WQHDの高画質設定の方が高いfpsが出せます。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質で144fpsでのプレイが安定します。

WQHDは最高画質は144fpsが出せませんが、高画質なら144fpsが安定します。

レインボーシックスシージ

R6SはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHD最高画質では、231fpsも出るので高負荷なシーンでも144fpsを確実に維持できます。

WQHDの最高画質でも144fpsは上回りますが、R6Sは古いゲームでWQHDにするメリットがほとんどありません。

そのためフルHD最高画質でのプレイを推奨します。

FINAL FANTASY XV

FF15はWQHD高画質でのプレイがおすすめです。

FF15はソロRPGですので、それほど高フレームレートを維持する必要はありません。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

WQHD最高画質で109fpsを維持できますから、高負荷時も60fps以上は安定するでしょう。

RTX 2060 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

ドスパラ ガレリア RM5C-R60S

FPS向けミドルスペック

ドスパラ
ガレリア RM5C-R60S

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce RTX 2060 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:650W(80PLUS BRONZE)

¥109,980円(税別)
分割払い:¥3,400円(税込)/月

7

性能

8

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

CPUに「Core i5-10400」を、グラフィックボードに「GeForce RTX 2060 SUPER」を搭載したミドルスペックゲーミングPC。
FPSゲームに最適なCPUを採用しており、安定したフレームレートでゲームをプレイすることができます。
ミニタワーケースなので圧迫感もなく、メモリやストレージ容量も十分です。
様々なゲームをカジュアルに、かつ快適にプレイしたい方におすすめのモデルです。

パソコン工房 LEVEL-M0B4-R53-RWS-VMM

RTX2060SUPER × Ryzenモデル

パソコン工房
LEVEL-M0B4-R53-RWS-VMM

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce RTX 2060 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:480GB SATA SSD
HDD:無し
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥123,980円(税別)
分割払い:¥2,800円(税込)/月

6.5

性能

6.5

コスパ

6.5

静音性

6.5

総合評価

CPUに「Ryzen 5 3600」とGPUに「RTX 2060 SUPER」を搭載したエントリークラスのゲーミングPC。
ストレージ容量が480GBSSDのみとやや少ないため、カスタマイズによる増設もしくは外付けのストレージを用意しましょう。
ゲーミングPCには珍しくDVDドライブが搭載されているので、ゲーミングだけでなくクリエイター用としても使いやすいモデルです。
キャンペーンにより「RTX 2060 SUPER」から「RTX 2070 SUPER」に無料アップグレードされています。

RTX 2060 SUPERの性能比較まとめ

RTX 2060 SUPERの性能を様々な観点から比較しました。

「RTX 2060 SUPER」は、「GTX 1660 SUPER」と「RTX 2070 SUPER」のちょうど中間に位置するグラフィックボードであり、RTX30シリーズ発売後もエントリークラス用として生き残りそうです。

「GTX 1660 SUPER」ではやや性能不足という方におすすめであり、PCゲームを普通にプレイする中で困ることもない性能を備えています。

タイトルとURLをコピーしました