GeForce RTX 3060 Tiの性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

RTX 3060 Tiの性能比較

GeForce RTX 3060 Tiの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 3060 Tiと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 3060 Tiの性能を検証しています。

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

関連 グラフィックボード(GPU)性能比較一覧表

RTX 3060 Tiのスペック概要

RTX 3060 Ti RTX 3070 RTX 2080 SUPER
CUDA コア 4864 5888 3072
トランジスタ数 174億 174億 136億
ダイサイズ 392 m㎡ 754 m㎡ 545 m㎡
ブーストクロック 1665 MHz 1730 MHz 815 MHz
ベースクロック 1410 MHz 1500 MHz 1650 MHz
メモリ速度 14 Gbps 14 Gbps 15.5 Gbps
メモリ構成 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256bit 256bit 256bit
メモリ帯域幅 448 GB/s 448 GB/s 496 GB/s
TDP 200W 220W 250W
参考価格 $399 $499 $699

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 3060 Tiと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX 3060 TiはRTX 2080 SUPERの上位モデルであると公式にアナウンスされています。

RTX 2080 SUPERとの比較では、理論値で性能差は1.4倍ですが実際はそれほど大きな差がないようです。

RTX 3070に性能は劣りますが、消費電力は小さく、価格差が$100ああります。

RTX 3070との性能差は大きく、コスパの観点ではRTX 3070の方が優れます。

RTX 2080 Superに比べ性能は微増

RTX 2080 Superの性能を飛躍的に上回るわけではありません。

ただしDLSSやレイトレーシングがある分ベンチマーク数値では測れない、画質の向上や光反射の描写がゲーミング性能を向上させています。

RTX 3060 Tiはコスパが大幅に改善

RTX 3060 TiはRTX 2080 SUPERに比べ大幅にコスパが良くなっています。

RTX 2080 SUPERの60%の価格で、より高性能なグラフィックボードですので今後RTX 2080 SUPERを選ぶ機会はなくなりそうです。

RTX 3070とのコスパ比較

RTX 3070は「RTX 2080 Ti」より高いグラフィック性能を備えています。

RTX 3060 Tiとの価格差は$100なので、性能を考慮するとコスパが優れているのはRTX 3070です。

RTX 3060 Tiでも4K対応・高解像度でゲームプレイが可能なので、とにかく価格を抑えたPCを組みたいときはRTX 3060 Tiで問題ありません。

RTX 3060 Tiの性能比較

以上がRTX 3060 Tiのベンチマークスコアです。

前世代最高モデルのRTX 2080 TiとRTX 2080 Superの中間スペックを持っており、実際のゲームプレイではDLSS・レイトレーシングの後押しもあるため、高いゲーム性能を持っていることが分かります。

高解像度・高フレームレートでのゲームプレイを可能にする画像処理能力があるので、映像美に力を入れた作品から、FPS・格ゲーといったフレームレートを重視するゲームにも対応できるモデルです。

4Kなら30FPS、フルHDやWQHDなら60FPS以上を安定して出すことができるので、4K入門としてもおすすめです。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

PUBG

PUBGのフレームレート

フルHDなら最高設定・高設定、4Kなら中設定でプレイするのがおすすめです。

TPS・FPSなので、フレームレートを優先するなら画質を下げることで確保が可能です。

フルHDは最高設定でも60fpsが安定し、少し設定を下げることで144fpsを維持できます。

4Kで高画質・最高画質でプレイすると高負荷時にフレームレートが低下して、戦闘時が不利に陥るのでおすすめしません。

Apex Legends

APEXのフレームレート

フルHDなら最高設定・高設定、4Kなら高設定でプレイするのがおすすめです。

戦闘を有利に進めたい場合、画質設定を下げることで安定したフレームレートを確保できます。

フルHDは最高設定でも144fpsが安定して維持できます。

240Hzに対応したモニターを使用している方は、高設定・中設定にすることで240fpsが確保できます。

4Kは最高設定だと60fps、高設定なら100fpsが基本フレームです。

144fpsを出したい場合、中設定にすることで戦闘を有利に進められます。

フォートナイト

フォートナイトのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定でプレイするのがおすすめです。

戦闘を有利に進めたい場合、画質設定を下げることで安定したフレームレートを確保できます。

フルHDは最高設定なら100fps、高設定に下げることで144fps確約されます。

画質・フレームレート、優先する項目に合わせて選択しましょう。

4Kの最高設定でプレイすると60fpsを下回り戦闘が不利になるため、おすすめしません。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら最高設定か中設定がおすすめです。

フルHDは最高設定でも200fps出せるので、フレームレートを上げるために画質設定を下げる必要はありません。

244fps出したい方は高設定にすることで安定して244fpsが出ます。

4Kは最高設定なら60fpsのプレイが可能です。

FPSなのでフレームレートを優先したいという方は中設定にすることで144fpsが安定します。

ヴァロラント

ヴァロラントのフレームレート

フルHD・4Kともに最高設定がおすすめです。

フルHDなら最高設定で240fpsが安定して維持できます。

4Kでも最高設定で144fps出せるので、戦闘が不利になることがありません。

マイクロソフト フライトシミュレーター

マイクロソフト フライトシミュレーターのフレームレート

フルHDなら高設定か低設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDは最高設定だと60fpsを下回るためカクツキが目立ちます。

シミュレーションゲームなので、画質を優先して高設定で綺麗な景色を楽しみましょう。

4Kは最高設定・高設定にすると60fpsを下回りゲームプレイが難しいです。

中設定にすることでフレームレートが安定し、画質も一定水準のものとなります。

コールオブデューティ:BOCW

コールオブデューティ:BOCWのフレームレート

フルHDなら最高設定か中設定、4Kなら高設定か低設定がおすすめです。

FPSというゲームジャンル上、フレームレートが必須なので下の画質設定を選ぶことで快適なプレイが行えます。

フルHDは最高設定でも60fpsは安定して出すことが可能で、中設定にすると240fpsを超えます。

4Kは最高設定では60fpsを下回るので、60fpsが安定する高設定か、144fpsが安定する低設定がおすすめです。

アサシンクリード ヴァルハラ

アサシンクリード ヴァルハラのフレームレート

フルHDなら最高設定か中設定、4Kなら高設定か低設定がおすすめです。

アサクリヴァルハラはオープンワールドゲームで景色を楽しめるため、フレームレートを犠牲に高画質プレイを推奨します。

フルHDは最高設定で60fpsプレイが可能です。フレームレートが気になる方は設定を下げることで144fpsや240fpsも実現可能です。

4Kは最高設定では60fpsを下回るのでカクツキが目立ちます。高設定にすることで60fpsが安定します。

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

LEVEL-M046-iX4-SAX-SeiShin

RTX3060Ti搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-M046-iX4-SAX-SeiShin

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥125,980円(税別)
分割払い:¥2,900円(税込)/月

7.5

性能

8

コスパ

7

静音性

8

総合評価

ガレリア XA7C-R36T

RTX3060Ti搭載の格安ミドルスペック

ドスパラ
ガレリア XA7C-R36T

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:650W(80PLUS BRONZE)

¥149,980円(税別)
分割払い:¥3,500円(税込)/月

8

性能

7.5

コスパ

7

静音性

8

総合評価

G-GEAR GA7A-F203/T

RTX3060Ti搭載モデル

TSUKUMO(ツクモ)
G-GEAR GA7A-F203/T

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB SATA SSD
電源:550W(80PLUS BRONZE)

¥149,800円(税込)

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

RTX 3060 Tiの性能比較まとめ

GeForce RTX 3060 Tiの性能について詳しく解説しました。

RTX30シリーズの中で価格が安いのが特徴的で、コストを可能な限り落としたミドルスペックがほしい方におすすめです。

パフォーマンスはRTX 3070の方が優れるので、予算と目的から照らし合わせて適する方を選びましょう。

関連 グラフィックボード(GPU)性能比較一覧表

タイトルとURLをコピーしました