GeForce RTX 3080の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

RTX3080の性能比較

GeForce RTX 3080の性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 3080と性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 3080の性能を検証しています。

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX 3080のスペック概要

RTX 3080 RTX 2080 Ti RTX 2080
CUDA コア 8704 4352 2944
トランジスタ数 280億 186億 136億
ダイサイズ 628 m㎡ 754m㎡ 545m㎡
ブーストクロック 1710 MHz 1545 MHz 1710 MHz
ベースクロック 1440 MHz 1350 MHz 1515 MHz
メモリ速度 19 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 10GB GDDR6X 11GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 320 bit 352 bit 256 bit
メモリ帯域幅 760.3 GB/s 616 GB/s 448 GB/s
TDP 320W 250W 215W
参考価格 $699 $999 $699

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 3080と性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

前世代の最高モデル「RTX 2080 Ti」と比較すると、コアが強化されメモリも総合的に強化されています。

CUDAコア・トランジスタ数が増加しているので処理能力が大きく上昇。

メモリ構成は上位グレードであるGDDR6Xを採用しているので、一度に処理できる情報量が増加、情報伝達速度の上昇が図られています。

大幅な性能アップにも関わらず価格が低下しており、コスパも良くなっていることがわかります。

「RTX 3080」は「RTX 2080」の後継機です。

「RTX 2080」との比較では、コア・メモリの性能に圧倒的な差があります。

CUDAコアは約3倍、トランジスタ数は2倍以上強化されており処理能力が大幅に上がっています。

メモリも速度・容量共に上がり一度に処理できる情報量、情報伝達速度が上昇しています。

消費電力は100Wほど上昇するため、RTX2080より容量の大きい電源ユニットが必要です。

RTX30シリーズは総じて850W程度の電源が必要となります。

RTX 3080は発売RTX30シリーズの中でも最もコスパが高いグラフィックボードで、今後主流になるでしょう。

RTX 3080はRTX 2080の約2倍の性能

RTX 3080 29.77 TFLOPS
RTX 2080 10.07 TFLOPS

RTX 3080は、前モデルのRTX 2080の約2倍の性能と発表されています。

スペック表からも大幅なスペックアップが見てとれます。

TFLOPS(テラフロップス)とは?
PCの処理性能を表す単位の1つで、「1秒間に行える浮動小数点演算の回数」を表します。

RTX3080はRTX30シリーズで一番コスパが良い

RTX30シリーズの国内参考価格
RTX 3090 ¥ 229,800
RTX 3080 ¥ 109,800
RTX 3070 ¥ 79,980

RTX 30シリーズの発売時の国内販売価格は以上の通りです。

RTX3080の価格はRTX 3080と全く同じであり、性能を比較するとコスパが大きく上昇しています。

RTX 3090は高額でRTX 3080の倍以上しますし、RTX 3070は性能がRTX 2080 Tiと同等です。

以上のことから、RTX30シリーズで最もコスパが良いモデルはRTX 3080という結論です。

RTX30シリーズの主軸となる可能性が高い

RTX 3080はRTX30シリーズの主軸となることが予想できます。

上で紹介したようにコストパフォーマンスが最も良いことが大きな理由です。

実際にRTX 3080を搭載したゲーミングPCが各BTOショップで最も多いラインナップでリリースされ始めており、至高の趣味モデルとしてRTX 3090が用意されている程度です。

2020年10月末にRTX 3070が発売されますが、性能の観点からRTX 3080と大きな差があるため、主軸となる可能性は低いでしょう。

RTX 3080の性能比較

RTX 3080を含むベンチマークスコアは以上の通りです。

RTX 30シリーズは「RTX 2080 Ti」や「Titan RTX」と比べても圧倒的なスコアを出しています。

上で「RTX 3080はRTX 2080の2倍の性能と発表されている」と解説しましたが、3DMarkスコアでは1.6倍程度に収まっています。

ただし3DMarkのベンチマークスコアだけでは結論が出ませんので、この時点では何とも言えません。

RTX30シリーズは全て「DLSS」というアッパーコンバート機能が搭載されており、8K出力にも対応します。

DLSSを利用した4K出力では、大幅なフレームレート向上の可能となります。

これらの点を含めて考えれば、RTX 3080はRTX 2080の2倍の性能であることも頷けます。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 3080のゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームや対戦ゲームはやや特殊で、画質より240fpsを維持することが目標にされています。

PUBG

PUBGはフルHDの最高画質、または高画質でのプレイがおすすめです。

最高画質では152fpsを、高画質では224fpsが維持できます。

240fpsを常に維持する場合は、フルHDの普通画質で実現できます。

4K高画質でも常時140fpsが維持できます。

Apex Legends

ApexではフルHDの最高画質、または高画質でのプレイがおすすめです。

最高画質では190fpsを維持できます。

240fpsを常に維持する場合は、フルHDの高画質で実現できます。

4K高画質でも常時170fpsが維持できます。

フォートナイト

フォートナイトではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質で240fpsを維持できますが、負荷のかかるシーンでは下回ることもあるでしょう。

確実に常時240fpsを目指す場合は、フルHDの高画質で実現できます。

4K高画質でも常時140fpsが維持できます。

Fallout 76

Fallout 76ではWQHDの高画質でのプレイがおすすめです。

純粋なFPSゲームではないのでややグラフィックを重視し、WQHD高画質でのプレイで240fpsを維持できます。

集団戦時など240fpsを下回る場合は、WQHD普通画質に設定を落とせば確実に240fpsを維持できます。

4K高画質でも常時180fpsが維持できます。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質で240fpsを維持できます。

4K高画質でも常時200fpsが維持できます。

レインボーシックスシージ

R6SではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

WQHDの最高画質でも240fpsが維持できるスコアを獲得していますが、R6Sは古いゲームなのでそもそもWQHD画質にしてもメリットがありません。

フルHDとWQHDの画面を並べてもほとんどわからないほどです。

4K最高画質でも140fpsを維持できますが、こちらも恩恵はほとんどないでしょう。

FINAL FANTASY XV

FF15はソロRPGですので、それほど高フレームレートを維持する必要はありません。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

4K高画質で132fpsを、WQHD最高画質で119fpsが維持できるので対応モニターを所持していれば4KやWQHDでのプレイが良いでしょう。

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPC

RTX 3080は2020年にリリースされたグラフィックボードであり、2020年10月現在市場在庫がほとんどありません。

RTX30シリーズ搭載のゲーミングPCが安定して購入できるようになるのは2021年以降と予想されます。

在庫確保が難しいので、在庫がある場合は迷わず購入した方が良いでしょう。

パソコン工房 LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH

RTX3080搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:3TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)

¥263,980円(税別)
分割払い:¥5,400円(税込)/月

9

性能

8

コスパ

8

静音性

8.5

総合評価

「RTX 3080」と「Core i9-10900K」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
メモリ・ストレージともに十分搭載されているので、カスタマイズなしで購入できます。
特筆すべきは電源ユニットで、「80PLUS TITANIUM」を採用しており電源効率がとても高いです。
更に水冷CPUクーラーを搭載しているため、静音性もしっかり実現したモデルです。

ドスパラ ガレリア ZA9C-R38

RTX3080搭載モデル

ドスパラ
ガレリア ZA9C-R38

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10850K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:無し
電源:750W(80PLUS GOLD)

¥249,980円(税別)
分割払い:¥5,700円(税込)/月

9

性能

9

コスパ

7

静音性

8

総合評価

「RTX 3080」と「Core i9-10850K」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
メモリが16GBなので、予算にゆとりがあれば32GBにカスタマイズしたいところです。
CPUファンは「Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)」が標準搭載されていますが、オプションにも簡易水冷CPUクーラーがないことは静音性がややネックです。
静音性をアップさせるためCPUグリスも高級品を選択しておいた方が良いでしょう。

フロンティア FRGHB550/38

RTX3080×Ryzenモデル

フロンティア
FRGHB550/38

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 3900X
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:1000W(80PLUS GOLD)

¥259,800円(税別)

9

性能

9

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

「RTX 3080」と「Ryzen 9 3900X」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
CPUの中でトップクラスの性能をもつ「Ryzen 9 3900X」を搭載している点がもっとも大きな特徴です。
メモリ・ストレージはともに十分搭載されているので心配はありませんが、電源容量が1000Wと超大容量です。
1000Wながら「80PLUS TITANIUM」ではなく「80PLUS GOLD」であることや、CPUクーラーが空冷であることがやや懸念されます。

RTX 3080の性能比較まとめ

RTX 3080の性能を様々な観点から比較しました。

RTX 3080はRTX30シリーズで最もコスパが良く、主流となるモデルです。

4Kや8Kなどの高解像度出力や、高フレームレートを実現する機能も備わっています。

2020年はRTX 3080の入手がとても困難になることが予想され、BTOパソコンショップで短納期で購入できるのは2021年以降になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました