GeForce RTX 3080の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

RTX3080の性能比較

GeForce RTX 3080の性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 3080と性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 3080の性能を検証しています。

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

関連 グラフィックボード(GPU)性能比較一覧表

RTX 3080のスペック概要

RTX 3080RTX 2080 TiRTX 2080
CUDA コア870443522944
トランジスタ数280億186億136億
ダイサイズ628 m㎡754m㎡545m㎡
ブーストクロック1710 MHz1545 MHz1710 MHz
ベースクロック1440 MHz1350 MHz1515 MHz
メモリ速度19 Gbps14 Gbps14 Gbps
メモリ構成10GB GDDR6X11GB GDDR68GB GDDR6
メモリインターフェイス幅320 bit352 bit256 bit
メモリ帯域幅760.3 GB/s616 GB/s448 GB/s
TDP320W250W215W
参考価格$699$999$699

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 3080と性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

前世代の最高モデル「RTX 2080 Ti」と比較すると、コアが強化されメモリも総合的に強化されています。

CUDAコア・トランジスタ数が増加しているので処理能力が大きく上昇。

メモリ構成は上位グレードであるGDDR6Xを採用しているので、一度に処理できる情報量が増加、情報伝達速度の上昇が図られています。

大幅な性能アップにも関わらず価格が低下しており、コスパも良くなっていることがわかります。

「RTX 3080」は「RTX 2080」の後継機です。

「RTX 2080」との比較では、コア・メモリの性能に圧倒的な差があります。

CUDAコアは約3倍、トランジスタ数は2倍以上強化されており処理能力が大幅に上がっています。

メモリも速度・容量共に上がり一度に処理できる情報量、情報伝達速度が上昇しています。

消費電力は100Wほど上昇するため、RTX2080より容量の大きい電源ユニットが必要です。

RTX30シリーズは総じて850W程度の電源が必要となります。

RTX 3080は発売RTX30シリーズの中でも最もコスパが高いグラフィックボードで、今後主流になるでしょう。

RTX 3080はRTX 2080の約2倍の性能

RTX 308029.77 TFLOPS
RTX 208010.07 TFLOPS

RTX 3080は、前モデルのRTX 2080の約2倍の性能と発表されています。

スペック表からも大幅なスペックアップが見てとれます。

TFLOPS(テラフロップス)とは?
PCの処理性能を表す単位の1つで、「1秒間に行える浮動小数点演算の回数」を表します。

RTX3080はRTX30シリーズで一番コスパが良い

RTX30シリーズの国内参考価格
RTX 3090¥ 229,800
RTX 3080¥ 109,800
RTX 3070¥ 79,980

RTX 30シリーズの発売時の国内販売価格は以上の通りです。

RTX3080の価格はRTX 3080と全く同じであり、性能を比較するとコスパが大きく上昇しています。

RTX 3090は高額でRTX 3080の倍以上しますし、RTX 3070は性能がRTX 2080 Tiと同等です。

以上のことから、RTX30シリーズで最もコスパが良いモデルはRTX 3080という結論です。

RTX30シリーズの主軸となる可能性が高い

RTX 3080はRTX30シリーズの主軸となることが予想できます。

上で紹介したようにコストパフォーマンスが最も良いことが大きな理由です。

実際にRTX 3080を搭載したゲーミングPCが各BTOショップで最も多いラインナップでリリースされ始めており、至高の趣味モデルとしてRTX 3090が用意されている程度です。

2020年10月末にRTX 3070が発売されますが、性能の観点からRTX 3080と大きな差があるため、主軸となる可能性は低いでしょう。

RTX 3080の性能比較

RTX 3080を含むベンチマークスコアは以上の通りです。

RTX 30シリーズは「RTX 2080 Ti」や「Titan RTX」と比べても圧倒的なスコアを出しています。

上で「RTX 3080はRTX 2080の2倍の性能と発表されている」と解説しましたが、3DMarkスコアでは1.6倍程度に収まっています。

ただし3DMarkのベンチマークスコアだけでは結論が出ませんので、この時点では何とも言えません。

RTX30シリーズは全て「DLSS」というアッパーコンバート機能が搭載されており、8K出力にも対応します。

DLSSを利用した4K出力では、大幅なフレームレート向上の可能となります。

これらの点を含めて考えれば、RTX 3080はRTX 2080の2倍の性能であることも頷けます。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 3080のゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームや対戦ゲームはやや特殊で、画質より240fpsを維持することが目標にされています。

PUBG

PUBGはフルHDの最高画質、または高画質でのプレイがおすすめです。

最高画質では152fpsを、高画質では224fpsが維持できます。

240fpsを常に維持する場合は、フルHDの普通画質で実現できます。

4K高画質でも常時140fpsが維持できます。

Apex Legends

ApexではフルHDの最高画質、または高画質でのプレイがおすすめです。

最高画質では190fpsを維持できます。

240fpsを常に維持する場合は、フルHDの高画質で実現できます。

4K高画質でも常時170fpsが維持できます。

フォートナイト

フォートナイトではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質で240fpsを維持できますが、負荷のかかるシーンでは下回ることもあるでしょう。

確実に常時240fpsを目指す場合は、フルHDの高画質で実現できます。

4K高画質でも常時140fpsが維持できます。

Fallout 76

Fallout 76ではWQHDの高画質でのプレイがおすすめです。

純粋なFPSゲームではないのでややグラフィックを重視し、WQHD高画質でのプレイで240fpsを維持できます。

集団戦時など240fpsを下回る場合は、WQHD普通画質に設定を落とせば確実に240fpsを維持できます。

4K高画質でも常時180fpsが維持できます。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高画質で240fpsを維持できます。

4K高画質でも常時200fpsが維持できます。

レインボーシックスシージ

R6SではフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

WQHDの最高画質でも240fpsが維持できるスコアを獲得していますが、R6Sは古いゲームなのでそもそもWQHD画質にしてもメリットがありません。

フルHDとWQHDの画面を並べてもほとんどわからないほどです。

4K最高画質でも140fpsを維持できますが、こちらも恩恵はほとんどないでしょう。

FINAL FANTASY XV

FF15はソロRPGですので、それほど高フレームレートを維持する必要はありません。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

4K高画質で132fpsを、WQHD最高画質で119fpsが維持できるので対応モニターを所持していれば4KやWQHDでのプレイが良いでしょう。

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングPC

RTX 3080は2020年にリリースされたグラフィックボードであり、2020年10月現在市場在庫がほとんどありません。

RTX30シリーズ搭載のゲーミングPCが安定して購入できるようになるのは2021年以降と予想されます。

在庫確保が難しいので、在庫がある場合は迷わず購入した方が良いでしょう。

パソコン工房 LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH

RTX3080搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G04A-LCiX9K-VAXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:3TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)

9

性能

8

コスパ

8

静音性

8.5

総合評価

「RTX 3080」と「Core i9-10900K」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
メモリ・ストレージともに十分搭載されているので、カスタマイズなしで購入できます。
特筆すべきは電源ユニットで、「80PLUS TITANIUM」を採用しており電源効率がとても高いです。
更に水冷CPUクーラーを搭載しているため、静音性もしっかり実現したモデルです。

ドスパラ ガレリア ZA9C-R38

RTX3080搭載モデル

ドスパラ
ガレリア ZA9C-R38

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10850K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:無し
電源:750W(80PLUS GOLD)

9

性能

9

コスパ

7

静音性

8

総合評価

「RTX 3080」と「Core i9-10850K」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
メモリが16GBなので、予算にゆとりがあれば32GBにカスタマイズしたいところです。
CPUファンは「Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)」が標準搭載されていますが、オプションにも簡易水冷CPUクーラーがないことは静音性がややネックです。
静音性をアップさせるためCPUグリスも高級品を選択しておいた方が良いでしょう。

フロンティア FRGHB550/38

RTX3080×Ryzenモデル

フロンティア
FRGHB550/38

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 3900X
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:1000W(80PLUS GOLD)

9

性能

9

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

「RTX 3080」と「Ryzen 9 3900X」を組み合わせたハイエンドゲーミングPCです。
CPUの中でトップクラスの性能をもつ「Ryzen 9 3900X」を搭載している点がもっとも大きな特徴です。
メモリ・ストレージはともに十分搭載されているので心配はありませんが、電源容量が1000Wと超大容量です。
1000Wながら「80PLUS TITANIUM」ではなく「80PLUS GOLD」であることや、CPUクーラーが空冷であることがやや懸念されます。

RTX 3080の性能比較まとめ

RTX 3080の性能を様々な観点から比較しました。

RTX 3080はRTX30シリーズで最もコスパが良く、主流となるモデルです。

4Kや8Kなどの高解像度出力や、高フレームレートを実現する機能も備わっています。

2020年はRTX 3080の入手がとても困難になることが予想され、BTOパソコンショップで短納期で購入できるのは2021年以降になりそうです。

関連 グラフィックボード(GPU)性能比較一覧表