Radeon RX 6900XTの性能比較・ベンチマーク

RX6900XTの性能比較

Radeon RX 6900XTの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RX 6900XTと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRX 6900XTの性能を検証しています。

RX 6900XT搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RX 6900XTのスペック概要

RX 6900XTRTX 3090RTX 3080
CUDA コア5120104968704
トランジスタ数268億280億280億
ダイサイズ519 m㎡628 m㎡628 m㎡
ブーストクロック2250 MHz1700 MHz1710 MHz
ベースクロック2015 MHz1410 MHz1440 MHz
メモリ速度16 Gbps19.5 Gbps19 Bbps
メモリ構成16GB GDDR624 GB GDDR6X10GB GDDR6X
メモリインターフェイス幅256 bit384 bit320 bit
メモリ帯域幅512 GB/s935.8 GB/s760.3 GB/s
TDP300W350W320W
参考価格999$1499$699

引用元:NVIDIA公式サイト

RX 6900XTと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX 30シリーズの中間グレード、RTX 3080と比較するとメモリやクロックが優れており、消費電力が少ないことが分かります。

RTX 3080以上の性能を持ちながら消費電力が少ないため、ワットパフォーマンスの良さが伺えます。

RTX 3090と比較すると性能は劣るものの、価格が$500安く、コスパ面で大きな差を見せています。

ただし下位モデルであるRX 6800XTのコアが1割増加したバージョンでありながら、価格は50%以上増加とRX 6000シリーズ内でのコスパは良くないです。

RTX 3090に匹敵する性能を持ちながら安い

RTX 3090に及ばないものの匹敵する性能を備えており、価格差が$500であることからコスパの観点では圧倒的に優れています。

消費電力も少なく、ワットパフォーマンスもRX 6900XTが上です。

ハイエンドPCを目指す上で価格を抑えたRX 6900XTを選択するのはありです。

RX 6900XTはレイトレーシング・DLSSの面で難あり

RTX 3090に匹敵する性能を持ってはいますが、レイトレーシング性能はRTX 3070と同等です。

RTX 30シリーズにはDLSSというシステムもあることから、ゲーミング性能はRTX 3080にも大幅に劣ってしまいます。

高解像度・高フレームレートを重視する場合、RTX 30シリーズのほうが最適といえます。

RX 6800XTの方が総合的に優れている

RX 6900XTとRX 6800XTにはそれほど大きな性能差が無く、パフォーマンス差は10%以内にとどまります。

それでいて価格差は$350と50%以上の価格増加を見せており、コスパを考えるとRX 6800XTのほうが優れています。

RX 6900XTの性能比較


RX 6900XTは3DMarkにおいてRTX 3080以上の性能を見せており、RTX 3090にも近しいスコアを出しています。

RTX 3090と$500の価格差でこのスコアは非常に優秀です。

ただしゲーミング性能はレイトレーシング機能が劣っていること、DLSSが使用できないことからRTX 3080にも劣ってしまいます。

AMDにもDLSSの類似機能は存在するため、実用化が進めばRTX 3080を超える可能性がありますが、現状は厳しいです。

GPUとしての性能は高いため、3DCG・CAD・動画編集に最適です。

エンコードや描画性能ではRTX 3090と同等の性能を発揮します。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

PUBG

PUBGのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で144fps安定し、画質・フレームレート共にTPS・FPS向きです。

フルHDで240Hz対応モニターを使用している場合、高設定にすると最高フレームレートでプレイできます。

4Kは最高設定・高設定だと60fpsのプレイになるため、戦闘が不利になります。

Apex Legends

Apex Legendsのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で240fpsの維持が可能なので、高いパフォーマンスを発揮できます。

4Kは最高設定にすることで60fpsが維持できますが、FPSというジャンル上高設定にしてフレームレートを優先することをおすすめします。

フォートナイト

フォートナイトのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDで240Hzモニターを使用している場合、高設定にすることで240fpsが安定します。

4Kは最高設定にすると高負荷時に60fpsを下回るため、安定性を重視して高設定推奨です。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で240fpsが安定するため、快適にプレイすることが可能です。

4Kは最高設定にすると60fpsが維持できますが、FPSというジャンル上高設定で144fpsを維持したほうが戦闘を有利に進められます。

ヴァロラント

ヴァロラントのフレームレート

フルHD・4Kともに最高設定がおすすめです。

どちらの設定でも240fpsが維持でき、快適なプレイが行えます。

マイクロソフト フライトシミュレーター

マイクロソフト フライトシミュレーターのフレームレート

フルHD・4Kともに高設定がおすすめです。

フルHDの最高設定は高負荷時に60fpsを下回ることがあり、カクツキが発生します。

シミュレーションゲームなので、多少のカクツキが気にならない場合は、最高設定で問題ありません。

4Kは最高設定にすると60fpsを下回るので、プレイに向いていません。

コールオブデューティ:BOCW

コールオブデューティ:BOCWのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDで240Hz対応したモニターを使用している場合、高設定にすることで240fpsのプレイが可能です。

4Kは最高設定・高設定にするとおおよそ60fpsになります。

FPSというジャンル上144fps推奨ですが、グラフィック重視の方は設定を上げても問題ありません。

アサシンクリード ヴァルハラ

アサシンクリード ヴァルハラのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で60fps、高設定で144fpsを出すことができるため、画質・フレームレートの優先度によって設定しましょう。

4Kは最高設定にすると60fpsを下回るので、プレイ向きではありません。

RX 6900XT搭載のおすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-G0TZ-LCRT3W-DZXH

RX 6900XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G0TZ-LCRT3W-DZXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen Threadripper 3970X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:64GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)

9.5

性能

6

コスパ

8

静音性

8

総合評価

ドスパラ ガレリア UA9R-69XT

RX 6900XT搭載ハイエンドモデル

ドスパラ
ガレリア UA9R-69XT

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:1000W(80PLUS GOLD)

9

性能

6

コスパ

7.5

静音性

7

総合評価

パソコン工房LEVEL-G0X5-R58X-DZXH

RX 6900XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G0X5-R58X-DZXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RX 6900XTの性能比較まとめ

RX 6900XTの性能について詳しく解説しました。

RX 6900XTはグラフィック性能こそGeForce RTX 3090と肩を並べるグラフィックボードですが、ゲーミング性能は大幅に劣ります。

価格はかなり安いので、低価格でハイエンド構成を求める方におすすめです。

ただしコスパはRX 6800XTの方が優れます。