Radeon RX 6900XTの性能比較・ベンチマーク

RX6900XTの性能比較

Radeon RX 6900XTの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RX 6900XTと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRX 6900XTの性能を検証しています。

RX 6900XT搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RX 6900XTのスペック概要

RX 6900XT RTX 3090 RTX 3080
CUDA コア 5120 10496 8704
トランジスタ数 268億 280億 280億
ダイサイズ 519 m㎡ 628 m㎡ 628 m㎡
ブーストクロック 2250 MHz 1700 MHz 1710 MHz
ベースクロック 2015 MHz 1410 MHz 1440 MHz
メモリ速度 16 Gbps 19.5 Gbps 19 Bbps
メモリ構成 16GB GDDR6 24 GB GDDR6X 10GB GDDR6X
メモリインターフェイス幅 256 bit 384 bit 320 bit
メモリ帯域幅 512 GB/s 935.8 GB/s 760.3 GB/s
TDP 300W 350W 320W
参考価格 999 $1499 $699

引用元:NVIDIA公式サイト

RX 6900XTと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX 30シリーズの中間グレード、RTX 3080と比較するとメモリやクロックが優れており、消費電力が少ないことが分かります。

RTX 3080以上の性能を持ちながら消費電力が少ないため、ワットパフォーマンスの良さが伺えます。

RTX 3090と比較すると性能は劣るものの、価格が$500安く、コスパ面で大きな差を見せています。

ただし下位モデルであるRX 6800XTのコアが1割増加したバージョンでありながら、価格は50%以上増加とRX 6000シリーズ内でのコスパは良くないです。

RTX 3090に匹敵する性能を持ちながら安い

RTX 3090に及ばないものの匹敵する性能を備えており、価格差が$500であることからコスパの観点では圧倒的に優れています。

消費電力も少なく、ワットパフォーマンスもRX 6900XTが上です。

ハイエンドPCを目指す上で価格を抑えたRX 6900XTを選択するのはありです。

RX 6900XTはレイトレーシング・DLSSの面で難あり

RTX 3090に匹敵する性能を持ってはいますが、レイトレーシング性能はRTX 3070と同等です。

RTX 30シリーズにはDLSSというシステムもあることから、ゲーミング性能はRTX 3080にも大幅に劣ってしまいます。

高解像度・高フレームレートを重視する場合、RTX 30シリーズのほうが最適といえます。

RX 6800XTの方が総合的に優れている

RX 6900XTとRX 6800XTにはそれほど大きな性能差が無く、パフォーマンス差は10%以内にとどまります。

それでいて価格差は$350と50%以上の価格増加を見せており、コスパを考えるとRX 6800XTのほうが優れています。

RX 6900XTの性能比較


RX 6900XTは3DMarkにおいてRTX 3080以上の性能を見せており、RTX 3090にも近しいスコアを出しています。

RTX 3090と$500の価格差でこのスコアは非常に優秀です。

ただしゲーミング性能はレイトレーシング機能が劣っていること、DLSSが使用できないことからRTX 3080にも劣ってしまいます。

AMDにもDLSSの類似機能は存在するため、実用化が進めばRTX 3080を超える可能性がありますが、現状は厳しいです。

GPUとしての性能は高いため、3DCG・CAD・動画編集に最適です。

エンコードや描画性能ではRTX 3090と同等の性能を発揮します。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

PUBG

PUBGのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で144fps安定し、画質・フレームレート共にTPS・FPS向きです。

フルHDで240Hz対応モニターを使用している場合、高設定にすると最高フレームレートでプレイできます。

4Kは最高設定・高設定だと60fpsのプレイになるため、戦闘が不利になります。

Apex Legends

Apex Legendsのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で240fpsの維持が可能なので、高いパフォーマンスを発揮できます。

4Kは最高設定にすることで60fpsが維持できますが、FPSというジャンル上高設定にしてフレームレートを優先することをおすすめします。

フォートナイト

フォートナイトのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDで240Hzモニターを使用している場合、高設定にすることで240fpsが安定します。

4Kは最高設定にすると高負荷時に60fpsを下回るため、安定性を重視して高設定推奨です。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で240fpsが安定するため、快適にプレイすることが可能です。

4Kは最高設定にすると60fpsが維持できますが、FPSというジャンル上高設定で144fpsを維持したほうが戦闘を有利に進められます。

ヴァロラント

ヴァロラントのフレームレート

フルHD・4Kともに最高設定がおすすめです。

どちらの設定でも240fpsが維持でき、快適なプレイが行えます。

マイクロソフト フライトシミュレーター

マイクロソフト フライトシミュレーターのフレームレート

フルHD・4Kともに高設定がおすすめです。

フルHDの最高設定は高負荷時に60fpsを下回ることがあり、カクツキが発生します。

シミュレーションゲームなので、多少のカクツキが気にならない場合は、最高設定で問題ありません。

4Kは最高設定にすると60fpsを下回るので、プレイに向いていません。

コールオブデューティ:BOCW

コールオブデューティ:BOCWのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら中設定がおすすめです。

フルHDで240Hz対応したモニターを使用している場合、高設定にすることで240fpsのプレイが可能です。

4Kは最高設定・高設定にするとおおよそ60fpsになります。

FPSというジャンル上144fps推奨ですが、グラフィック重視の方は設定を上げても問題ありません。

アサシンクリード ヴァルハラ

アサシンクリード ヴァルハラのフレームレート

フルHDなら最高設定、4Kなら高設定がおすすめです。

フルHDは最高設定で60fps、高設定で144fpsを出すことができるため、画質・フレームレートの優先度によって設定しましょう。

4Kは最高設定にすると60fpsを下回るので、プレイ向きではありません。

RX 6900XT搭載のおすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-G0TZ-LCRT3W-DZXH

RX 6900XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G0TZ-LCRT3W-DZXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen Threadripper 3970X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:64GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)

¥549,980円(税別)
分割払い:¥12,600円(税込)/月

9.5

性能

6

コスパ

8

静音性

8

総合評価

ドスパラ ガレリア UA9R-69XT

RX 6900XT搭載ハイエンドモデル

ドスパラ
ガレリア UA9R-69XT

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:1000W(80PLUS GOLD)

¥419,980円(税別)
分割払い:¥9,600円(税込)/月

9

性能

6

コスパ

7.5

静音性

7

総合評価

パソコン工房LEVEL-G0X5-R58X-DZXH

RX 6900XT搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G0X5-R58X-DZXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 5800X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)

¥280,980円(税別)
分割払い:¥6,400円(税込)/月

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RX 6900XTの性能比較まとめ

RX 6900XTの性能について詳しく解説しました。

RX 6900XTはグラフィック性能こそGeForce RTX 3090と肩を並べるグラフィックボードですが、ゲーミング性能は大幅に劣ります。

価格はかなり安いので、低価格でハイエンド構成を求める方におすすめです。

ただしコスパはRX 6800XTの方が優れます。

タイトルとURLをコピーしました