GeForce RTX 3070の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

RTX 3070の性能比較

GeForce RTX 3070の性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 3070と性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 3070の性能を検証しています。

RTX 3070搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX 3070のスペック概要

RTX 3070 RTX 3080 RTX 2080 Ti
CUDA コア 5888 8704 4352
トランジスタ数 174億 280億 186億
ダイサイズ 754 m㎡ 628 m㎡ 754 m㎡
ブーストクロック 1730 MHz 1710 MHz 1545 MHz
ベースクロック 1500 MHz 1440 MHz 1350 MHz
メモリ速度 14 Gbps 19 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 8GB GDDR6 10GB GDDR6X 11GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 256 bit 320 bit 352 bit
メモリ帯域幅 448 GB/s 760.3 GB/s 616 GB/s
TDP 220W 320W 250W
参考価格 $499 $699 $999

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 3070と性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

前世代最高モデルの「RTX 2080 Ti」と比較すると、数値的には大きな変化はありません。

公式は「RTX 2080 Ti」以上の性能を持っているとアピールしており、理論値は以下の通り。

  • RTX 3070=20.31TFLOPS
  • RTX 2080 Ti=13.45TFLOPS

大幅に向上しているように見えますが、ベンチマークの測定値はほぼ同じ結果になっています。

最大の違いは価格で、「RTX 2080 Ti」の半値で購入することができるので圧倒的コスパを持っています。

「RTX 3070」と「RTX 3080」には大きなスペック差があります。

価格差は$200ですが、スペック差はそれ以上に大きな開きがあるため、純粋なコスパは「RTX 3080」の方が優れていると言えます。

ただし「RTX 3070」の性能は「RTX 2080 Ti」と同等であること、価格が安いこと、消費電力が少ないことを考えるとハイエンドを必要としない一般PCゲーマーには「RTX 3070」で十分でしょう。

フルHD・WQHDでのゲームプレイはRTX3070で十分

「RTX 3070」は「RTX 2080 Ti」と似た性能で、レイトレーシングとDLSSを採用しているモデルですが、4Kで高フレームレートを維持するのは難しいです。

ゲームが高負荷な状態になった際にフレームレートの低下や、カクつきが発生する場合があるでしょう。

フルHDやWQHDなら高フレームレートで快適にゲームプレイが可能です。

「RTX 3070」は4Kを重視しない、フルHD・WQHDでゲームをプレイする方におすすめです。

コスパが良く今後のミドルスペックスタンダードに

「RTX 3070」は前世代最高であった「RTX 2080 Ti」と同等の性能を持ちながら、大幅なコストダウンと消費電力の低下に成功したモデルです。

「RTX 3090」や「RTX 3080」の存在を考えると最高スペックとは言えませんが、十分な性能を備えています。

現在各BTOメーカーから20万円以下でRTX 3070搭載モデルがリリースされているので、今後のミドルスペックゲーミングPCに採用される主流モデルになりそうです。

RTX 3070はワットパフォーマンスの優れる

「RTX 3070」は消費電力が220Wであり、ワットパフォーマンス(1Wあたりの性能)が飛躍的に上昇しています。

「RTX 3080」や「RTX 3090」は高性能ですが、消費電力も大きいため大容量の電源ユニットが必要であるし、電気代もかかります。

「RTX 3070」は「RTX 2080 Ti」よりも消費電力が小さいので、電気代の節約や発熱量の抑制にも効果的でしょう。

RTX 3070の性能比較

RTX 3070を含むベンチマークスコアです。

「TITAN RTX」や「RTX 2080 Ti」など前世代の最高モデルとほぼ同等のスコアでした。

それらのグラフィックボードに比べ数値が劣っていますが、「RTX 3070」にはレイトレーシングやDLSS機能が備わっているため、ここでのスコア以上にゲーミング性能は高いです。

やはり「RTX 3090」や「RTX 3080」には大きな差をつけられていますが、価格を考えれば十分なゲーミング性能を備えていると言えるでしょう。

「RTX 2080 Ti」以下のグラフィックボードは「RTX 3070」の登場により、今後市場から姿を消すことが予想されます。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 3080のゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームや対戦ゲームはやや特殊で、画質より240fpsを維持することが目標にされています。

PUBG

PUBGはフルHD普通設定で240FPS、フルHD最高設定で144FPSのプレイが可能です。

WQHDでは高設定以下なら144fpsを維持できます。

4Kでも普通設定であれば144fpsを維持できますが、PUBGを4Kでプレイするメリットが少ないため、やはりフルHD最高設定でのプレイがおすすめです。

Apex Legends

ApexではフルHDの最高設定、または高設定でのプレイがおすすめです。

フルHDの最高設定では190fpsであり、240fpsは維持できません。

240fpsを常に維持する場合は、フルHDの高設定で実現できます。

WQHDでは普通設定なら240fpsが、高設定では144fpsが維持できます。

フォートナイト

フォートナイトはフルHDの高設定で244fpsを維持できます。

144fpsの維持なら、フルHDの最高設定やWQHDの高設定でも可能です。

4Kでは普通設定以下に落としても144fpsの維持はギリギリですし、メリットが少ないので推奨しません。

Fallout 76

Fallout76はWQHDの最高設定がおすすめです。

純粋なFPSゲームではないのでややグラフィックを重視し、WQHD最高設定でのプレイで144fpsを維持できます。

集団戦時など144fpsを下回る場合は、WQHD高設定に設定を落とせば確実に240fpsを維持できます。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはフルHD最高設定でのプレイで240fpsが維持できます。

WQHDでのプレイは高設定以下で240fpsを維持することができます。

4Kでのプレイは高設定144fpsを、低設定で244fpsを維持できます。

レインボーシックスシージ

R6SはフルHD最高設定でのプレイで244fpsを維持できます。

WQHDの高画質でも244fpsを維持できますし、4Kでも普通設定なら244fpsを維持できます。

しかしR6Sは新しいゲームではないため、WQHDや4Kのメリットがとても少ないため、フルHDでのプレイで十分でしょう。

FINAL FANTASY XV

FF15はWQHDの最高設定でのプレイで60fpsを維持できます。

FF15はオフラインゲームなので144fpsや240fpsにこだわる必要はなく、60fpsが安定すれば快適にプレイ可能です。

グラフィックがとても綺麗なゲームですから、フレームレートはほどほどにグラフィック重視の設定がおすすめです。

4Kの最高設定では60fpsがギリギリで、混戦などシーンによって60fpsを下回ります。

4Kの高設定なら60fpsを安定して維持することが可能です。

RTX 3070搭載のおすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-R049-iX4-TAX

RTX3070搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-R049-iX4-TAX

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥143,980円(税別)
分割払い:¥4,400円(税込)/月

8

性能

8.5

コスパ

7

静音性

8

総合評価

RTX 3070搭載のミドル~ハイエンドスペックのゲーミングPC。
RTX 3070はCore i5-10400でも十分動作し、ボトルネックの心配もありません。
FPSゲームや格闘ゲームなど、CPU重要度の高いゲームでは当然Core i7やCore i9搭載モデルに劣りますが、通常のPCゲームプレイでは全く問題はないでしょう。
RTX2080Ti以上の性能を備えるRTX3070を搭載しながら、10万円台半ばというコスパの良さが特徴です。

フロンティア FRGAH470/37A

RTX3070搭載モデル

フロンティア
FRGAH470/37A

OS:Windows 10 Home
CPU:i7-10700F
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)

¥169,800円(税別)

8

性能

8

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RTX3070とCore i7 10700Fを組み合わせたミドル~ハイエンドスペックゲーミングPC。
CPUも高性能なためFPSゲームや格闘ゲームでも高フレームレートを維持して快適なプレイが可能です。
ストレージ容量も十分なので動画撮影や配信も可能ですし、価格も税込20万円以下とバランスの良いモデルです。

ドスパラ ガレリア XA7R-R37

RTX3070 × Ryzen7

ドスパラ
ガレリア XA7R-R37

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:650W(80PLUS BRONZE)

¥185,980円(税別)
分割払い:¥4,300円(税込)/月

8

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

RTX3070にRyzen7を組み合わせたミドル~ハイエンドゲーミングPC。
マルチタスクに定評のあるRyzen7 3700XはCore i9同等の性能をもつCPU重視のモデルです。
FPSゲームや格闘ゲームなどフレームレートが重要なゲームをはじめ、テクスチャ以外の負荷が高いMODの使用が快適になります。
ゲームプレイしながらの動画配信や録画など、同時動作する機会の多い方におすすめのモデルです。

RTX 3070の性能比較まとめ

RTX 3070の性能を様々な観点から比較しました。

RTX 3070はRTX30シリーズの中で最も安く、消費電力も低いモデルです。

性能は前世代最強のRTX 2080 Tiを上回るため、とてもコスパの良いグラフィックボードと言えます。

RTX3070搭載ゲーミングPCは10万円台半ばで購入できますし、今後ミドルスペックの主流グラフィックボードとなりそうです。

タイトルとURLをコピーしました