初心者でもできるグラフィックボード(GPU)をオーバークロックする方法

グラフィックボード(GPU)をオーバークロックする方法

グラフィックボードをオーバークロックする方法について詳しく紹介していきます。

「オーバークロックによるメリットとデメリット」
「グラフィックボードのオーバークロックを行う方法手順」
「グラフィックボードのオーバークロックで得られる効果」

以上の内容について解説します。

グラフィックボードはツールを利用して簡単に操作することができますが、一定のリスクを含むことは理解しておかなければいけません。

オーバークロックにはCPUとGPUに対して行えますが、ゲーミング性能をアップさせるにはグラフィックボードのオーバークロックの方が効果が高いです。

グラフィックボードのオーバークロックのメリットとデメリット

オーバークロックのメリットは、GPUの性能が向上してゲーミング性能がアップすることです。

ゲームプレイ時の解像度を上げてもカクツキが発生しなくなる、フレームレートが上がるといった効果を期待できます。

デメリットはGPUの消費電力、発熱量が上昇しグラフィックボードの寿命が短くなることです。

オーバークロックはメーカーが設定した定格以上の性能を出すため、追加の電力を必要とします。

GPUのクロック数が上昇し、処理量も増加することで発熱量が増えるため、高い冷却性能が必須になります。

定格より高負荷がかかるため寿命が短くなり、保証対象外にもなるので自己責任で行いましょう。

以上のようにグラフィックボードのオーバークロックを行う場合は細心の注意が必要です。

グラフィックボードをオーバークロックする方法

MSI Afterbunerの使い方

「MSI Afterbuner」と「Unigine Heaven」を使用したOC方法を紹介します。

「MSI Afterbuner」はOCを行うソフト、「Unigine Heaven」はOC後にGPUが正常に動作するか、ゲームに使用できるかを確認するソフトです。

公式 MSI Afterbunerのダウンロードはこちら

公式 Unigine Heavenのダウンロードはこちら

グラフィックボードのオーバークロック手順

MSI Afterbunerの使い方

「MSI Afterbuner」をインストール後起動すると、上の画面が表示されます。

これが「MSI Afterbuner」のメイン画面です。

まずは設定をクリックします。

MSI Afterbunerの使い方

設定では「電圧制御のロック解除」と「電圧モニタリングのロック解除」にチェックを入れます。

これによりグラフィックボードのOCが可能になります。

チェックを入れたら適用をクリックし、OKで設定を閉じます。

MSI Afterbunerの使い方

Startupボタンを有効にしておくことで、次回起動時も自動で反映されます。

それではグラフィックボードのOCを進めていきましょう。

  • Core Voltage:電圧の大きさ
  • Power Limit:消費電力の上限
  • Temp Limit:温度の上限
  • Core Clock:動作周波数
  • Memory Clock:メモリクロック
  • Fan Speed:冷却ファン回転数

「MSI Afterbuner」の設定項目は以上の通りです。

これらの設定項目を以下の手順で調節しましょう。

故障リスクを減らすため、少しずつ調節しながらOCしていくことがポイントです。

  1. ファンの回転数を上昇し冷却力を上げる
  2. 電圧は触らず、消費電力の上限をいっぱいに上げる
  3. コアクロックを少しずつ上げていく
  4. Unigine Heavenで検証する
  5. コアクロック・ファン回転数を微調整でUnigine Heavenが完走できるようにする

グラフィックボードのオーバークロック調整が全て完了したら、チェックボタンを押して設定を反映させて完了です。

グラフィックボードのオーバークロックで性能は上がったか

グラフィックボードのオーバークロック

GeForce GTX 1060 6GBを例にオーバークロック前と後のベンチマークスコアを比較しました。

オーバークロック前と後では、確かにスコアの上昇は見られますが微増です。

オーバークロックすることの手間やリスクを考慮すると、グラフィックボードのオーバークロックはあまりおすすめできない方法であると言えます。

ハイエンドなグラフィックボードほど性能アップの伸び幅は大きくなりますが、価格も高いのでリスクも増します。

ワンランク上のGPU性能を上回るということはできないので、大きく性能向上を図りたい際は交換の方が良さそうです。

グラフィックボードのオーバークロックまとめ

グラフィックボードのオーバークロックについて解説しました。

GPUのOCはデメリットが多く、調整に時間がかかるのであまり現実的ではありません。

最悪の場合グラフィックボードは故障し、保証対象からも外れてしまうため、故障しても良いグラフィックボード以外でのオーバークロックは推奨しません。

タイトルとURLをコピーしました