GeForce RTX 2080 Tiの性能比較・ベンチマーク

RTX2080Tiの性能比較

GeForce RTX 2080 Tiの性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 2080 Tiと性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 2080 Tiの性能を検証しています。

RTX 2080 Ti搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX30シリーズの発売により、RTX 2080 Tiは今後選ばれなくなりそうです。

RTX 2080 Tiのスペック概要

RTX 2080 Ti RTX 2080 SUPER Titan RTX
CUDA コア 4352 3072 4608
トランジスタ数 186億 136億 186億
ダイサイズ 754 m㎡ 545 m㎡ 754 m㎡
ブーストクロック 1545 MHz 1815MHz 1770 MHz
ベースクロック 1350 MHz 1650MHz 1350 MHz
メモリ速度 14 Gbps 15.5 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 11GB GDDR6 8GB GDDR6 24GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 352 bit 256 bit 384 bit
メモリ帯域幅 616 GB/s 496 GB/s 672 GB/s
TDP 250W 250W 280W
参考価格 $999 $699 $2499

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 2080 Tiと性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX 2080 Tiと「RTX 2080 SUPER」を比較すると、ほとんどの項目で「RTX 2080 Ti」が上回っていますが、クロックとメモリ速度に関しては「RTX 2080 SUPER」が勝ります。

価格差が$300(約3万円)とコスパでは「RTX 2080 SUPER」の方が良く、「RTX 2080 TI」ではコスパは度外視する必要がありそうです。

消費電力が同等なので性能に対する消費電力は抑えられていると言えます。記事作成現在の日本円価格で5万円~8万円ほどの差があるので、予算が無い方にはRTX 2080 Superのほうが手の出しやすい価格となっています。

RTX 2080 Tiと「Titan RTX」を比較すると、メモリが24GBなので処理能力はTitan RTXのほうが上ですがスペックはとてもよく似ています。

ただし「RTX 2080 Ti」と「Titan RTX」には倍以上の価格差があるので、コストを考えると「RTX 2080 SUPER」の方が圧倒的に良いグラフィックボードであることがわかります。

コスパ度外視の上級者向け

RTX 2080 Tiは、RTX20シリーズで最も高性能なグラフィックボードです。

価格も高価で上級者向けのコスパ度外視のモデルであり、初級~中級者ではスペックを持て余す可能性が高いです。

高解像度のPCゲームにグラフィック系MODを多数導入したい、とにかく高性能なグラフィックボードがほしいといったこだわりのある方におすすめです。

4K画質での安定したゲームプレイが可能

RTX 2080 Tiは、RTX20シリーズで唯一4K画質でのゲームプレイが安定するグラフィックボードです。

スペック上では「RTX 2070 SUPER」や「RTX 2080 SUPER」でも4K出力は可能ですが、フレームレートが高い水準で安定せず、事実上4K画質でのプレイが不可能でした。

FPSゲームや対戦ゲームで4K出力するメリットはほとんどありませんが、RPGやアドベンチャーゲームで4K画質でプレイするなら「RTX 2080 Ti」のみが選択肢となります。

ただしRTX30シリーズはすべて4K出力に対応しているため、これから4K出力を目的として「RTX 2080 Ti」を選択することはないかもしれません。

RTX20世代最高性能のグラフィックボード

RTX 2080 TiはRTX20シリーズで最高性能のグラフィックボードであり、ゲームだけでなくクリエイターにもおすすめです。

動画録画や編集・配信でも快適なので、YoutuberやTwitchなどゲーム動画配信者にも好まれるグラフィックボードです。

動画編集の複雑なエフェクトを多数使用する場合でも快適に編集が続行でき、エンコード時間の短縮も行えます。

また、CGデザインやCADでも活躍します。

RTX 2080 Tiの性能比較

RTX 2080 Tiのベンチマークスコアを確認してみると、他のRTX20シリーズに比べ格別なグラフィック性能を備えていることがわかります。

上で解説した価格が倍以上である「Titan RX」とほとんど同じスコアが出ており、「Titan RTX」を選択する理由はないと言えます。

2020年に登場するRTX30シリーズは「RTX 3080がRTX 2080の約2倍」、「RTX 3070がRTX 2080 Ti」と同等の性能をもちます。

今後最高のグラフィックボードではなくなりますが、もともとの性能が高いため圧倒的に性能差が開くこともなさそうです。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 2080 Tiのゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームでは144fpsを目指すことが推奨されています。

PUBG

PUBGはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

100fps以上を維持することができ、グラフィックの粗さもないでしょう。

スコア上はWQHD画質でも90fpsを維持できますが、FPSゲームでWQHD画質にするメリットはほとんどないため、フルHD画質でfpsを高くした方が勝利しやすいはずです。

Apex Legends

Apex LegendsはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

200fps近くを維持することができ、快適にプレイできます。

WQHD画質でも144fpsを維持できるので問題はありませんが、画質を上げるメリットがあまりないでしょう。

フォートナイト

フォートナイトはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

100fps以上を維持することができ、快適にプレイできます。

スコア上はWQHD画質でも100fps近くを維持できますが、FPSゲームでWQHD画質にするメリットはほとんどないため、フルHD画質でfpsを高くした方が勝利しやすいはずです。

Fallout 76

fallout 76ではフルHD低設定で240fps、フルHD高設定・WQHDで144fpsを維持することができます。

Fallout76はRPG寄りのげーむですから、144fpsに対応したモニターがあればフルHD高設定かWQHDでのプレイがおすすめです。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはフルHDの最高画質でのプレイがおすすめです。

300fps以上のスコアが出ており、快適にプレイできます。

WQHD画質でも144fps以上が維持できるので、WQHD画質でプレイしてみるのも良いでしょう。

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージは少し古くて軽いゲームですから、WQHD画質でプレイしても良いでしょう。

ただし動作環境の低いゲームですから、グラフィックがそれほど綺麗になることもありません。

快適にプレイできれば良いのであれば、フルHD最高画質でもほとんど変わらないでしょう。

FINAL FANTASY XV

FF15はWQHD画質でのプレイがおすすめです。

FF15はゲームの要求スペックが高く、4K対応のグラフィックが綺麗なゲームです。

FF15のWQHD画質で100fps以上が維持できるスコアですから、ほぼすべてのPCゲームで高設定でプレイ可能です。

グラフィック系MODを多数導入したプレイも可能でしょう。

RTX 2080 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

RTX 2080 Ti搭載のゲーミングPCは、「RTX 3090」「RTX 3080」の発売とともにBTOメーカーのラインナップから一斉に姿を消しました。

RTX30シリーズはRTX 2080 Tiを遥かに凌ぐ性能を持ちながら価格差がなく、今後「RTX 2080 Tiは選ばれなくなる」ことが理由でしょう。

これからハイエンドゲーミングPCを購入される方は、最高を目指すなら「RTX 3090」を、コスパを重視するなら「RTX 3080」がおすすめです。

2020年10月に発売される「RTX 3070」はRTX 2080 Tiより高性能かつ価格が半額なので、一層市場から姿を消すでしょう。

PCショップセブン ZEFT G12XV

RTX2080Ti搭載ハイエンドPC

PCショップ セブン
ZEFT G12XV

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:4TB
電源:850W(80PLUS GOLD)

¥349,800円(税別)

8

性能

5

コスパ

7

静音性

7

総合評価

GPUに「RTX 2080 Ti」を、CPUに「Core i9 10900K」を搭載したハイエンドゲーミングPC。
RTX30シリーズが主流となる中で、2080 Tiを採用した数少ないモデル。
メモリ32GB、ストレージ合計5TBと超大容量です。
一般的なPCゲーマーではオーバースペックとなる可能性が高いですが、動画保存容量が大量に必要となるYoutubeやTwitchなどのストリーマーなどクリエイターに適した構成です。

RTX 2080 Tiの性能比較まとめ

RTX 2080 Tiの性能を様々な観点から比較しました。

RTX 2080 TiはRTX20シリーズで最高性能を誇るグラフィックボードです。

しかしRTX30シリーズのスペックアップが大きすぎるため、今後市場から姿を消すことが予想されます。

これからハイエンドゲーミングPCを購入する、自作する方はRTX30シリーズを選択したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました