GeForce RTX 2060の性能比較【ベンチマークとゲーミング性能】

RTX2060の性能比較

GeForce RTX 2060の性能を比較しながら詳しく紹介していきます。

  • RTX 2060と性能が近いグラフィックボードのスペック比較
  • 3DMarkベンチマークによるグラフィック性能比較
  • ゲームタイトル別の画質別アベレージfps比較

以上3つの比較ポイントによりRTX 2060の性能を検証しています。

RTX 2060搭載のおすすめゲーミングPCも紹介します。

RTX 2060のスペック概要

RTX 2060 GTX 1660 Super RTX 2060 Super
CUDA コア 1920 1408 2176
トランジスタ数 108億 66億 108億
ダイサイズ 445m㎡ 284m㎡ 445m㎡
ブーストクロック 1680 MHz 1785 MHz 1650 MHz
ベースクロック 1365 MHz 1530 MHz 1470 MHz
メモリ速度 14 Gbps 14 Gbps 14 Gbps
メモリ構成 6GB GDDR6 6GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 192 bit 192 bit 256 bit
メモリ帯域幅 336 GB/s 336 GB/s 448 GB/s
TDP 160W 125W 175W
参考価格 $315 $228 $398

引用元:NVIDIA公式サイト

RTX 2060と性能が近いグラフィックボードのスペックをまとめた表です。

RTX 2060は「GTX 1660 Super」よりやや性能が高いものの、大幅なスペック差はないことがわかります。

ただ価格差は大きく約$100の差があるので、コスパは「GTX 1660 Super」の方が優れていると言えるでしょう。

RTX 2060の上位モデルである「RTX 2060 Super」との比較では、メモリ構成をはじめ大幅なスペックアップが見られます。

こちらも約$100の価格差がありますが、それ以上に大きなスペック差があり「RTX 2060 Super」はRTX 2060よりコスパの良いグラフィックボードと言えます。

以上のことから、RTX 2060はやや中途半端なグラフィックボードであると言わざるを得ません。

RTX 2060はGTX 1070 Ti以上の性能をもっている

RTX 2060は前世代で最も人気が高く、FPSを中心としたPCゲーマーに愛用されたGTX 1070 Tiを超えるグラフィック性能を持っています。

さらにRTX 2060の価格はGTX 1070 Tiより安いため、これからGTX 1070 Tiを搭載したゲーミングPCを構成するならRTX 2060を搭載した方が良いでしょう。

現在ではコスパが良くない

RTX 2060はリリース当初性能とコスパの良いとても注目されたグラフィックボードでした。

しかし現在ではGTX 1660 SuperやRTX 2070 Superといったコスパが圧倒的に優れたグラフィックボードが存在しており、選ばれる場面は少なくなっています。

ゲーミングノートへの搭載が主流になっている

デスクトップゲーミングPCではRTX 2060 SuperやRTX 2070 Superを搭載したモデルが主流です。

しかしゲーミングノートPCでは使い勝手の良いRTX 2060が採用されたモデルも少なくありません。

特に価格を抑えた安いゲーミングノートPCで採用されることが多く、RTX 2060は性能が低いわけではありませんから、優れたゲーミングノートPCとして活躍します。

RTX 2060の性能比較

RTX 2060のベンチマークスコアを比較してみると、GTX 1080とほぼ同じグラフィック性能であることがわかります。

GTX 1660 Superの1.2倍、GTX 1070 Tiの1.1倍程度に収まっており、大幅なグラフィック性能差はありません。

上のスペック表では大幅な差があるように見えたRTX 2060 Superとの比較でも、性能差約1.2倍に留まっています。

以上のことから、RTX 2060のグラフィック性能は十分に高く現状でも十分活躍することがわかります。

コスパの観点ではRTX 2060 SuperやGTX 1660 Superが上回りますが、RTX 2060も未だ十分選択肢になるグラフィックボードです。

ゲームタイトル別のベンチマーク結果

RTX 2060のゲームタイトル別のfpsをまとめたグラフです。

PCゲームでは「60fps以上を維持できる設定」で快適なゲームプレイが可能です。

FPSゲームでは144fpsを目指すことが推奨されています。

PUBG

PUBGはフルHDの低画質設定であれば144fpsでプレイ可能です。

またフルHDの高画質設定でも60fps以上を維持できるため、ゲームの快適性を考えるとフルHDの高設定でのプレイがおすすめです。

処理の多くなる乱戦時などは下回ることもありますが、それほど大きな問題とはならないでしょう。

Apex Legends

ApexはフルHD低設定なら安定して144fps以上を出すことができ、フルHD高画質設定でも100以上のfpsを維持できます。

複数人が入り乱れる乱戦時はFPSが低下することもありますが、60fpsを下回ることはないのでフルHDの高画質設定がおすすめです。

WQHDでも91fpsですが、シーンによって60fpsを下回ることや、WQHDでプレイするメリットが少ないことから推奨しません。

フォートナイト

フォートナイトのプレイにおいても、フルHD高画質設定で問題はないでしょう。

144fpsは出ませんが、安定して100fps以上を維持できます。

WQHD以上の画質はやや不安定となるため推奨しません。

Fallout 76

fallout 76はフルHD低設定で200fps、フルHD高設定であれば100fpsでプレイすることが可能です。

銃撃戦や爆発などGPUに負荷のかかる場面でも安定した動作を期待できます。

Fallout76は対戦FPSゲームではないので、画質にこだわったプレイでも問題はありません。

WQHDでのプレイを試してみても良いでしょう。

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはフルHD高設定で144fpsを維持することができます。

かなりゆとりがあるので、乱戦時でも問題なく高フレームレートを維持できるはずです。

WQHDのプレイもスペック上は問題ありませんが、それほどメリットがないためフレームレートを重視しフルHD高画質でのプレイを推奨します。

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージはフルHD低設定で300fps、フルHD高設定で200fpsを出すことができます。

乱戦時や高負荷時は下回るものの、プレイに影響しない程度のフレームレート低下です。

WQHDでも100fpsが安定して出ます。

FINAL FANTASY XV

FF15はソロ用のRPGゲームですが、高負荷ゲームとして有名です。

FF15のベンチマークはPCゲームのベンチマーク目安として扱われる事が多いです。

4Kにも対応するFF15は画質重視のプレイ環境が求められますが、60fps以上を維持するにはフルHD高画質設定となりそうです。

WQHDでも60fps以上は出せる結果となっていますが、高負荷なシーンで60fpsを下回ることが予想されるため、シーンによってカクつく可能性が高いです。

このことから、グラフィック重視のRPGゲームをプレイするにはRTX 2060ではやや物足りないことがわかります。

RTX 2060搭載のおすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-R049-iX7K-ROXH

石黒千尋さんコラボゲーミングPC

パソコン工房
LEVEL-M046-iX4F-RWS-Chihiro

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10400F
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:480GB SATA SSD
HDD:無し
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥121,980円(税別)
分割払い:¥3,700円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

声優・ストリーマーの石黒千尋さんコラボモデル。
CPUに「Core i5-10400F」を、GPUに「RTX 2070 SUPER」を搭載したミニタワーゲーミングPCです。
ミニタワーなのでスペースを取らず、CPUとGPUのバランスがとても良い構成です。
ストレージはSSDのみでSATA接続のため、予算にゆとりがあればNVMe接続のSSDに交換や増設がおすすめです。
ゲーミングPCでは珍しくDVDドライブも搭載されています。

ドスパラ ガレリア GCL2060RGF5

コスパ最高のゲーミングノート

ドスパラ
ガレリア GCL2060RGF5

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥109,980円(税別)
分割払い:¥3,400円(税込)/月

7

性能

8

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

CPUに「Core i5-10300H」を、グラフィックボードに「GeForce RTX 2060」を採用した、ミドルスペックのゲーミングノートPC
コスパがとても優れていて、ミドルスペックのゲーミングノートでこの価格は破格としか言えません。
デスクトップゲーミングPCには残念ながら性能面で劣るものの、PCゲームはしっかりプレイできるでしょう。
メモリは16GB、ストレージにはNVMeのSSDが採用されています。
「Minecraft Starter Collection」が同梱されているので、ソフトの追加購入なしでマイクラがプレイできます。

RTX 2060の性能比較まとめ

RTX 2060の性能を様々な観点から比較しました。

RTX 2060は残念ながら現在あまり採用されないグラフィックボードとなっています。

GTX 1660 SuperやRTX 2070 Superといったコスパに優れたグラフィックボードの登場が主な要因ですが、ゲーミングノートPCではまだまだ搭載モデルが多く販売されています。

RTX 2060の性能は低いわけではないので、搭載ゲーミングノートや古いグラフィックボードからの交換ではまだまだ良い選択肢となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました