プログラミングに適したデスクトップゲーミングPCのスペック

ゲーミングPCでのプログラミング

プログラミングに適したデスクトップゲーミングPCについて詳しく紹介してきます。

「ゲーミングPCでプログラミングは可能か」
「プログラミングに必要なスペックは」
「どのようなプログラミングに適しているか」

以上の内容について解説します。

ゲームとプログラミングを両立できるPCの購入を検討されている方の参考となれば幸いです。

ゲーミングPCでプログラミングは可能

ゲーミングPCでプログラミングを行うことは可能です。

ゲーミングPCは一般向けPCに比べかなり高性能なので、プログラミングを行う上で必要なスペックを十分満たしています。

プログラミングによって必要な環境は異なる

行いたいプログラミングの種類によって必要な環境は異なります。

Windowsアプリ、Androidアプリ、AI、Webサイトなどほぼ全てのプログラミングはWindowsで行います。

iOSアプリの開発、SwiftやObjective-Cといったプログラミングを行いたい場合、macOSが必要になります。

自身が開発したいものに合わせてOSの選択を行いましょう。

プログラミングに必要なスペック

プログラミングのPCスペック
CPUintel Core i5以上
ryzen 3以上
GPU3D・機械学習以外では不要
メモリ8GB以上
ストレージSSD 500GB以上

プログラミングにそれほど高いスペックは必要ありません。

子供の学習用なら上記表のようなスペックのPCで十分なので、安いPCを選択することもできます。

プログラミングだけならゲーミングPCは不要

WindowsアプリやAndroidアプリ、簡易ツールなどの簡単なソフトウェアであれば5~6万円程度の安い一般向けPCで可能です。

これらのプログラミングを中心に行う方では、ゲーミングPCはオーバースペックになりますので、逆におすすめしません。

3Dゲーム制作にはゲーミングPCが必要

3Dゲーム制作、機械学習、データ分析といった高度なソフトウェアのプログラミングを行う場合、ゲーミングPCのスペックが必要です。

3Dゲーム制作は開発するゲームと同等以上のゲーミング性能が必須です。

機械学習は処理する情報量が多いので、ハイエンドゲーミングPC程度のスペックが必要になります。

一般向けPCとゲーミングPCの大きな違いは高性能なGPUを積んでいる点で、画像処理能力が高く3Dに強いです。

ゲーミングPCでのプログラミングまとめ

プログラミングに適したデスクトップゲーミングPCについて紹介しました。

3Dゲーム制作、機械学習、データ分析を行うならゲーミングPCがおすすめですが、それ以外では一般向けPCで十分でしょう。

どんなプログラミングを行う予定なのかを明確にし、必要なスペックのPCを購入しましょう。