ゲーミングPCの相場価格の目安【2021年最新版】

ゲーミングPCの相場価格

ゲーミングPCの相場について紹介します。

「最近のゲーミングPC市場」
「相場価格の目安」

以上の内容について解説します。

2020年のゲーミングPC相場が分からない方の参考となれば幸いです。

2020年のゲーミングPCの相場推移

2020年は相場変動が多い年でした。

新型コロナウイルスにより世界流通が停止し、1.2月はPCパーツが品薄になり価格高騰。

11月現在ではコロナウイルスの影響は軽減し、徐々にコロナ前の流通に戻っています。

NVIDIAがRTX 30シリーズを発売したことで、発売直後は品薄によりやや価格が高騰しました。

徐々に供給が追い付き、落ち着きを見せ始めていますが、現在でも定価よりは高く取引されています。

AMD製のCPUが発売したこともあり、AMDのCPUがやや品薄傾向になり価格が高騰しました。

以上のことから、2020年11月現在は相場が落ち着いていますが、一部パーツは価格が上昇しているため購入の際は注意しましょう。

RTX30シリーズの発売後ミドルスペック以上が安くなった

RTX 30シリーズが発売されたことにより、前世代のRTX 20シリーズが安くなっています。

特に主流だったRTX 2060 SuperやRTX 2070 Superが大幅な下落を見せており、それらを搭載したモデルが安く販売されています。

RTX 30シリーズがミドル・ハイスペックに搭載するモデルなので、エントリークラスやミドルロークラスのGTX 1660 SuperやGTX 1650の相場への影響は少なく、大きな下落は見せていません。

ミドルスペックとエントリークラスの価格差が小さくなった

以前はエントリーモデルが10~15万円、ミドルスペックが20~25万円で販売されていましたが、現在はエントリーモデルが10万円前後、ミドルスペックが15万円以下で購入できます。

今からPCを購入するなら最もコスパが良いのはミドルスペックです。

ハイエンドPCも25万円前後で購入できます。

ゲーミングノートPCは税込15万以下の低価格モデルが主軸に

以前はミドルスペックでも20万以上していたゲーミングノートPCですが、相場が下がっており15万円以下でミドルスペックが購入できます。

対してRTX 2080 Ti以上のGPUを搭載したゲーミングノートPCは一部海外メーカーでしか販売されていないですが、超高額なためコスパが悪いです。

ゲーミングノートPCを購入する際は、低価格のミドルスペックモデルがおすすめです。

デスクトップゲーミングPCの相場価格の目安

エントリーミドルスペックハイエンド
搭載GPUGTX 1660 Ti
GTX 1660 Super
RTX 2060 Super
RTX 2070 Super
RTX 3080
ドスパラ¥99,980¥149,980¥299,980
パソコン工房¥92,980¥145,980¥253,980
フロンティア¥132,800¥176,800¥234,800
G-tune¥119,800¥179,800¥299,800
ツクモ¥109,780¥194,800¥246,800
平均価格¥111,068¥169,472¥267,072

国内大手BTOメーカーのデスクトップゲーミングPC価格の平均を比較した表です。

GTX 1660 TiやGTX 1650 Superを搭載したエントリーモデルは、安さを売りにしている「ドスパラ」や「パソコン工房」のPCが10万円を切っています。

RTX 2060 SuperやRTX 2070 Superを搭載したミドルスペックモデルは、安いところで15万円以内、高くても20万を超えることはないです。

エントリーモデルと比較しても5万円の差なので、コスパを重視したPCゲーマーはミドルスペックを選びます。

RTX 3080を搭載したハイエンドモデルは安いもので25万円以内、高いもので30万円近くなります。

発売したてのパーツを使っていることもあり価格は一気に上昇します。

ハイエンドPCはゲームに本気で取り組んでいるプロゲーマーやストリーマーが求めるスペックなので、コスパよりも性能重視で選ばれる傾向があります。

以上のことから、現在はミドルスペックPCが最もコスパが良く、低価格エントリーモデルなら10万以下で購入できます。

ゲーミングノートPCの相場価格の目安

エントリーミドルスペックハイエンド
搭載GPUGTX 1650
GTX 1650 Ti
RTX 2060RTX 2070 Super
RTX 2080 Super
ドスパラ¥92,980¥99,980¥169,980
パソコン工房¥105,980¥140,980¥269,980
フロンティア¥102,800¥144,800¥179,800
G-tune¥119,800¥179,800¥229,800
ツクモ¥120,780¥170,280¥219,800
平均価格¥108,468¥147,168¥213,872

国内大手BTOメーカーのゲーミングノートPC価格の平均を比較した表です。

GTX 1660やGTX 1660 Tiを搭載したエントリーモデルはドスパラで10万円以内、その他BTOメーカーで10万円弱です。

ノートPCはデスクトップPCに比べて高くなりやすい傾向にありますが、エントリーモデルは大差なく、購入店によってはノートのほうが安く購入できます。

RTX 2060を搭載したミドルスペックは10万円から18万円と販売店によってムラがありますが、平均は15万円です。

デスクトップPCのミドルスペックに比べて性能は低下しますが、値段帯は大きく変わりません。

RTX 2060 SuperやRTX 2070 Superを搭載したハイエンドモデルは平均20万円前後です。

搭載しているGPUがデスクトップのミドルスペックPCに採用されているものとなっており、デスクトップと比較すると5万円ほど高くなっています。

ノートPCでハイエンドモデルを購入するのはコスパが悪く、排熱性能の低さからパフォーマンスも低下するので、おすすめしません。

以上のことからゲーミングノートPCならエントリーモデルのコスパが最もよく、性能を上げたい方はミドルスペックを選びましょう。

ゲーミングPCの相場価格まとめ

ゲーミングPCの相場について詳しく解説しました。

コロナの影響や新パーツの発売で2020年は変動の大きい年でしたが、徐々に落ち着きを見せ始めています。

デスクトップPCならミドルスペックモデル、ノートPCならエントリーモデルが現在の相場でコスパ良く購入できます。