4K解像度のスペックとおすすめゲーミングPC

4K対応のおすすめゲーミングPC

4K解像度でゲームプレイする際のスペックとおすすめゲーミングPCについて詳しく紹介します。

「4KでPCゲームをプレイする必要なスペック」
「4Kでのプレイに適したゲームジャンル」
「4K対応のおすすめゲーミングPC」

以上の内容について解説していきます。

美麗な映像を楽しむことのできる4Kでゲームしたい方、4K解像度対応PC選びに困っている方の参考になれば幸いです。

4K対応おすすめゲーミングPCだけ見たい方はこちら

4K解像度とは

4Kとはディスプレイ解像度「3840×2160」のことです。

現在主流のディスプレイ解像度はフルHD「1920×1080」で、4KはフルHDの縦横2倍、面積比4倍。

4Kでは映像の描写を細かく行えるため、ハイグラフィックゲームはより綺麗な映像で楽しめます。

4K映像を出力するにはハイスペックなPCが必要となるため、ミドルスペック以下のゲーミングPCでは厳しいでしょう。

また、モニターや接続機器も4Kに対応したもので揃える必要があります。

4KでのプレイがおすすめのPCゲームとジャンル

4KでのプレイがおすすめのPCゲーム例

  • FF15
  • モンハンワールド
  • DEATH STRANDING
  • Need for Speed

4Kは以上のようなアクション・RPG・レースゲーム・アドベンチャーといったジャンルでより活きます。

FPS・TPS・格闘ゲームのような画像よりフレームレートを重視するゲームでは、4K出力によってフレームレートが低下するため、適していません。

映像出力をスイッチング接続し、プレイするゲームジャンルによって4KテレビとフルHD液晶モニターを切り替えるのも良いでしょう。

4K対応ゲーミングPCの必要スペック

4Kゲームに必要なスペック
グラフィックボード RTX 3090
RTX 3080
RTX 3070
メモリ 32GB以上

4K解像度でPCゲームをプレイするなら、グラフィックボードからPCを選ぶのがおすすめです。

現行GPUであればNVIDIAから発売されたRTX 30シリーズを採用することで4Kが安定します。

RTX 30シリーズのDLSS機能が4Kパフォーマンスを向上させるためです。

DLSSとはAIに機械学習をさせることによって、グラフィックの粗い部分を綺麗に見せる技術で、フレームレートや画質の向上を促す機能です。

RTX 20シリーズの最上位モデル「RTX 2080 Ti」や「RTX 2080 Super」でも4K出力は可能ですが、ゲームを快適にプレイするうえで必要な60FPSを安定して出すことができません。

CPUは搭載するグラフィックボードが快適に動作するものを選びましょう。

RTX 3070を搭載するなら「Core i7-10700K」や「Core i5-10400F」が、RTX 3080 / 3090を搭載するなら「Core i9-10900K」や「Ryzen 9 5900X」がおすすめです。

CPUやGPUの性能が高くなるので、安定性を上げるメモリ容量は32GB以上がおすすめです。

4K出力には4K対応モニターが必要

4K解像度を出すことのできるPCを購入しても、モニターが対応していなければ4K出力が行われません。

必ず4K対応モニターを用意しましょう。

安いものなら4万円程度、高フレームレートを出したい場合7万円から10万円で購入することができます。

4K対応おすすめゲーミングPC

パソコン工房 LEVEL-R049-iX7K-TAXH

RTX 3070搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-R049-iX7K-TAXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB
電源:700W(80PLUS BRONZE)

¥176,980円(税別)
分割払い:¥4,100円(税込)/月

8

性能

8

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RTX3070搭載のハイエンドゲーミングPC。
RTX3070はRTX2080Ti以上の性能を持つため、PCゲームは最先端の環境でプレイ可能です。
500GB SSD+2TB HDDの大容量ストレージに加えDVDスーパーマルチドライブ搭載とクリエイター向けとしてもおすすめのモデルです。
無線LANは搭載されていません。

パソコン工房 LEVEL-G04A-LCiX9K-XAXH

RTX3090搭載モデル

パソコン工房
LEVEL-G04A-LCiX9K-XAXH

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3090
メモリ:32GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:4TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)

¥364,980円(税別)
分割払い:¥7,600円(税込)/月

10

性能

7

コスパ

8

静音性

8.5

総合評価

「RTX 3090」と「Core i9-10900K」を組み合わせた超ハイエンドゲーミングPCです。
チップセットは「intel Z490」を採用し、CPUクーラーは水冷式です。
メモリ・ストレージともに十分搭載されているので、カスタマイズなしで購入できます。
特筆すべきは電源ユニットで、「80PLUS TITANIUM」を採用しており電源効率がとても高いです。
高性能なことはもちろん、静音性もしっかり実現したモデルです。

G-tune EP-Z

RTX3080搭載モデル

マウスコンピューター
G-Tune EP-Z

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB
電源:1200W(80PLUS TITANIUM)

¥299,800円(税別)
分割払い:¥9,200円(税込)/月

9

性能

8

コスパ

8

静音性

8

総合評価

GPUに「RTX 3080」を、CPUに「Core i7 10700K」搭載したハイエンドゲーミングPC。
RTX3080はRTX30シリーズで最もコスパの良いGPUで、RTX2080の2倍以上の性能を持っています。
8K出力にも対応しています。
価格がやや高額ですが、水冷CPUクーラーを採用しているので静音性も優れています。
メモリ・ストレージの容量も十分で、カスタマイズなしでトップクラスの性能を備えています。

ドスパラ ガレリア XA7C-R38

RTX3080搭載モデル

ドスパラ
ガレリア XA7C-R38

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し
電源:750W(80PLUS GOLD)

¥219,980円(税別)
分割払い:¥5,100円(税込)/月

9

性能

9

コスパ

7

静音性

8

総合評価

GPUに「RTX 3080」を、CPUに「Core i7 10700」搭載したハイエンドゲーミングPC。
RTX3080はRTX30シリーズで最もコスパの良いGPUで、RTX2080の2倍以上の性能を持っています。
8K出力にも対応しています。
メモリ16GB・ストレージ512GB SSDとやや少なめですから、これほどのスペックを持つPCならメモリ32GB以上・ストレージ追加などカスタマイズするのもおすすめです。

ドスパラ ガレリア UA9C-R39

RTX3090搭載コスパ重視モデル

ドスパラ
ガレリア UA9C-R39

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3090
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)

¥429,980円(税別)
分割払い:¥9,900円(税込)/月

9

性能

7.5

コスパ

6

静音性

7

総合評価

RTX 3090搭載モデルの中で、かなり価格が安いコスパ重視の超ハイエンドゲーミングPC。
50万円を切る安さながら、ストレージやメモリ容量も十分です。
冷却機構はすべて空冷なのでやや不安な面がありますが、エアフローを追求した新たなガレリアケースでどれだけ静音性を保てるかが課題です。

フロンティア FRGAH470/37A

RTX3070搭載モデル

フロンティア
FRGAH470/37A

OS:Windows 10 Home
CPU:i7-10700F
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)

¥169,800円(税別)

8

性能

8

コスパ

7

静音性

7.5

総合評価

RTX3070とCore i7 10700Fを組み合わせたミドル~ハイエンドスペックゲーミングPC。
CPUも高性能なためFPSゲームや格闘ゲームでも高フレームレートを維持して快適なプレイが可能です。
ストレージ容量も十分なので動画撮影や配信も可能ですし、価格も税込20万円以下とバランスの良いモデルです。

フロンティア FRGBZ490C/39

RTX3090搭載格安モデル

フロンティア
FRGBZ490C/39

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10900KF
GPU:GeForce RTX 3090
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB HDD
電源:1000W(80PLUS GOLD)

¥334,800円(税別)

9

性能

8

コスパ

6

静音性

7.5

総合評価

「RTX 3090」を搭載した超ハイエンドゲーミングPCの中でも、トップクラスに安いです。
メモリやストレージ容量も十分ですが、冷却性能がやや弱いです。
高性能パーツを採用しながら、空冷ファンでのみ冷却を行うので、高負荷時にファン音が大きくなる可能性があります。
CPUクーラーはカスタマイズで水冷を選択できるので、水冷CPUクーラーや高性能CPUグリスを選択して購入しましょう。

ツクモ G-GEAR GA7J-I202/ZT

RTX3080搭載モデル

TSUKUMO(ツクモ)
G-GEAR GA7J-I202/ZT

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:2TB
電源:750W(80PLUS GOLD)

¥247,280円(税込)

9

性能

9

コスパ

7

静音性

8

総合評価

GPUに「RTX 3080」を、CPUに「Core i7 10700K」を搭載したハイエンドゲーミングPC。
RTX3080はRTX30シリーズで最もコスパの良いGPUで、RTX2080の2倍以上の性能を持っており、8K出力にも対応しています。
ストレージ容量は十分ですが、メモリ容量は16GBとRTX3080搭載PCとしてはやや物足りないので、カスタマイズで32GBにするのも良いでしょう。

4K対応のゲーミングPCまとめ

グラフィックボードの飛躍的な性能アップにより、4K解像度でのPCゲームプレイもかなりハードルが下がりました。

RTX30シリーズは4K解像度でのゲームプレイも快適になっています。

フレームレートを重視するゲームでは、まだまだフルHDが主流ですが、アクション・レース・アドベンチャー・RPGを中心にプレイされる方は4Kを視野に入れても良いでしょう。

4K対応の液晶モニターも以前より格段にラインナップが増えてきています。

タイトルとURLをコピーしました