おすすめゲーミングノートPCランキングと選び方

おすすめゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCのおすすめランキングを紹介します。

ここではコスパを重視して選出したおすすめゲーミングノートPCを毎月更新で掲載しています。

ゲーミングノートPCの性能・コスパ・静音性・総合評価を数値化してスコアを比較。

各モデルの特徴・何ができるPCなのかを解説しています。

>> おすすめデスクトップゲーミングPCランキングはこちら

おすすめゲーミングノートPCランキング【2020年最新版】

1位:フロンティア FRZN1011/SG1

コスパNo.1のハイエンドゲーミングノートPC

フロンティア
FRZN1011/SG1

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥179,800円(税別)
分割払い:非対応

8

性能

9

コスパ

7

静音性

8

総合評価

CPUに「Core i7-10750H」を、グラフィックボードに「GeForce RTX 2070 SUPER」を搭載したハイエンドゲーミングノートPC。
15.6型フルHD液晶モニターはリフレッシュレート144HzのIPS液晶です。
重量はバッテリー込みで約2.4Kgですから、頻繁に持ち歩く場合は重く感じるでしょう。
最新のワイヤレスLANのWi-Fi 6対応です。
デスクトップを置くスペースがない、自宅でゲーミングノートPCがほしいという方に最適な性能を備えます。

2位:ドスパラ ガレリア GCL2060RGF-T

コスパ抜群ミドルスペックゲーミングノート

ドスパラ
ガレリア GCL2060RGF-T

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し

¥139,980円(税別)
分割払い:¥3,200円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

CPUに「Core i7-10750H」を、グラフィックボードに「GeForce RTX 2060」を採用したミドルスペックのゲーミングノートPCです。
コスパに優れたモデルで、CPU性能が高くゲームの動作が快適です。
MODを使ったPCゲームプレイも可能な性能を備えており、144Hz高リフレッシュレートのモニターを採用しています。
薄さ19.9mm・重量約1.85kgと軽量薄型のため、持ち運びにも最適です。
「Minecraft Starter Collection」が同梱されているので、ソフトの追加購入なしでマイクラがプレイできます。

3位:パソコン工房 LEVEL-15FX068-i7-RXSX-FB

GTX 1660 Ti搭載エントリークラス

パソコン工房
LEVEL-15FX068-i7-RXSX-FB

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥130,980円(税別)
分割払い:¥4,000円(税込)/月

6

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

GTX 1660 Ti搭載のエントリークラスのゲーミングノートPC。
カジュアルゲーマー向けのコスパ重視のモデルであり、光学ドライブは搭載されていません。15.6型のフルHD液晶モニターを備えます。
無線接続でのゲームプレイに最適なWi-Fi6にも対応しています。

本体サイズは「幅365mm×奥行257.5mm×高さ34.1mm」で、重さは約2.24kgと持ち運びも苦になりません。

4位:ガレリア GCL1650TGF

コスパ最高エントリークラス

ドスパラ
ガレリア GCL1650TGF

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥95,980円(税別)
分割払い:¥3,000円(税込)/月

6

性能

8

コスパ

6.5

静音性

7.5

総合評価

GTX 1650 Tiを搭載したエントリークラスのゲーミングPC。
無線接続によるゲームプレイが快適なWi-Fi6を搭載し、60Hz対応フルHD15.6インチ液晶モニターを備えます。
MMORPGなどオンラインゲームは最高設定でプレイ可能で、FPSゲームも60fpsでプレイ可能です。
本体サイズは「359.8(幅) × 244.3(奥行き) × 25.8(高さ) mm」と小型で、重量も約2.1kgと軽量なので持ち運びにも最適です。

5位:ガレリア GCR2070RGF-QC

ビジネス&ゲームに最適な超軽量モデル

ドスパラ
ガレリア GCR2070RGF-QC

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:無し

¥186,280円(税別)
分割払い:¥4,300円(税込)/月

6.5

性能

6.5

コスパ

7

静音性

6.5

総合評価

普段使いとゲーミングの両用をコンセプトにしたゲーミングノートPC。
本体サイズ「356.4(幅)× 233.6(奥行き)× 20.5(高さ 最薄部) mm」の超薄型に加え、重量約1.87Kgの超軽量ボディを実現しています。
GPUは「RTX 2070 MAX-Q」のため通常のRTX 2070ほどの性能はありませんが、ゲーミング性能は十分です。
144Hz対応の15.6型フルHD液晶モニターを備え、WiFi6対応と疎かになっている部分はありません。

6位:パソコン工房 LEVEL-15FR103-i7-TOXX

144Hz対応15型フルHDゲーミングノート

パソコン工房
LEVEL-15FR103-i7-TOXX

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥168,980円(税別)
分割払い:¥5,200円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

6

静音性

7

総合評価

RTX 2070搭載のミドルスペックゲーミングノートPC。
144Hz対応のフルHD15インチ液晶モニターを備え、FPSなどの対戦ゲームでも快適にプレイできます。無線接続によるゲームが快適なWi-Fi6に対応しています。
本体サイズは「幅358mm×奥行259.5mm×高さ34.4mm」で、重さは約2.44kgとやや重めです。

7位:HP OMEN 2S 15-dg0043TX

デュアルスクリーン搭載ゲーミングノートPC

HP
OMEN 2S 15-dg0043TX

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-9880H
GPU:GeForce RTX 2080 Max-Q
メモリ:32GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:無し

¥300,000円(税別)
分割払い:¥9,200円(税込)/月

8

性能

5

コスパ

6

静音性

6.5

総合評価

デュアルモニター搭載のハイエンドゲーミングノートPCです。
キーボード上方にセカンドディスプレイを備えおり、マップ・ステータス。スキル等ゲームに必要な情報を表示させることができます。
240Hz対応の15.6型フルHD液晶モニターを備え、高フレームレートでのFPSゲームプレイが可能となります。
キーボードバックライトはキー毎にLEDの設定が可能。
これだけの性能を備えますが重量は約 2.37kgと軽量で、サイズも「361 × 262 × 20mm」と大きくないため持ち運びも可能です。

8位:ASUS TUF Gaming A15 FA506IH

ASUS製コスパ重視エントリーゲーミングノート

ASUS
TUF Gaming A15 FA506IH

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 4800H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:無し

¥109,710円(税別)
分割払い:¥3,300円(税込)/月

5

性能

5.5

コスパ

7

静音性

6

総合評価

ASUSの超カジュアル向けエントリークラスゲーミングPC。
CPUにRyzenを使用したコスパ重視のモデルですが、国内メーカーの同スペックより価格はやや高めです。
ゲーミング性能は超カジュアル向けであり、MMORPGや軽いゲームなら快適に動作するものの、FPSなど対戦ゲームでは設定を落とさなければ厳しいでしょう。
本体サイズは「359.8×256×24.7mm」と小さく、重量は約2.3kgと軽量なので持ち運びには適しています。

9位:Lenovo Legion 750i《81YT0026JP》

薄型軽量のゲーミングノートPC

Lenovo
Legion 750i《81YT0026JP》

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 Super Max-Q
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:無し

¥251,777円(税込)
分割払い:¥5,200円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

CPUに「Core i7-10750H」を、グラフィックボードに「GeForce RTX 2070 Super Max-Q」を搭載したハイエンドゲーミングノートPC。
「GeForce RTX 2070 Super Max-Q」を採用することで厚さ19.9mm、重量約2.25kgまで小型軽量化されており、持ち運びに最適です。
15.6型のフルHD IPS液晶モニターはリフレッシュレート最大240Hzまで対応しています。
最新ワイヤレスLANのWi-Fi 6に対応しています。
高いゲーミング性能を備え、かつ持ち運びにも最適なゲーミングノートPCをお探しの方におすすめです。

10位:Razer Blade 15

RazerのスタイリッシュゲーミングノートPC

Razer
Blade 15

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:16GB DDR4
SSD:256GB NVMe SSD
HDD:1TB

¥190,728円(税別)
分割払い:¥4,300円(税込)/月

6.5

性能

4

コスパ

7

静音性

6

総合評価

デバイスで有名なRazerのゲーミングノートPCで、スタイリッシュなデザインが特徴です。
性能はエントリークラス程度ですが、価格は高額でコスパは良くありません。
本体サイズは「355×235×19.9mm」と小さく、重量は2.1kgと軽量なので持ち運びに最適です。
モニターは144Hz対応の15.6型フルHD液晶なので、FPSゲームをはじめ高フレームレートでのプレイが可能です。

17インチ大画面のハイエンドゲーミングノートPC

HP OMEN 17-cb1001TX

144Hz対応17.3型フルHDゲーミングノートPC

HP
OMEN 17-cb1001TX

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:1TB NVMe SSD
HDD:2TB

¥180,000円(税別)
分割払い:¥5,500円(税込)/月

7

性能

7

コスパ

7

静音性

7

総合評価

スタイリッシュな外観ながら、海外メーカー特有の割高感のないゲーミングノートPC。
17.3型の大型液晶モニターは144Hz対応のフルHDです。
キーボードバックライトはキー毎にLEDの設定が可能で、OMENの専用ツールで細かな設定もできます。
本体サイズは17型なこともあり大型で、重量は約3.26kgと重いため自宅使用がおすすめのモデルです。

パソコン工房 LEVEL-17FG103-i7K-VWXX

240Hz対応17型フルHDゲーミングノート

パソコン工房
LEVEL-17FG103-i7K-VWXX

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:500GB NVMe SSD
HDD:無し

¥299,980円(税別)
分割払い:¥9,200円(税込)/月

8

性能

6

コスパ

6

静音性

7

総合評価

RTX 2080 SUPERを備えたハイエンドゲーミングノートPC。
240Hz対応の17型フルHD液晶モニターを備え、FPSゲームや対戦ゲームを最高の環境でプレイできます。
本体サイズは「幅398mm×奥行322mm×高さ50.2mm」と大きく、重量も約4.67kgととても重いので持ち運ぶのは現実的ではありません。
ハイエンドゲーミングノートPCのためコスパは良くありませんが、自宅でしっかりゲームプレイしたいデスクトップの置き場のない方におすすめです。

MSI GE75-10SFS-011JP

240Hz対応17.3型フルHDゲーミングノートPC

MSI
GE75-10SFS-011JP

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i9-10980HK
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB DDR4
SSD:512GB NVMe SSD
HDD:1TB

¥269,8000円(税込)

7.5

性能

5

コスパ

6.5

静音性

7

総合評価

RTX 2070 SUPERを搭載したハイエンドゲーミングノートPC。
CPUにCore i9を搭載しており、高いゲーミング性能を誇ります。
240Hz対応の17.3型フルHDモニターを搭載し、FPSゲームなど対戦ゲームも快適にプレイできます。
無線接続によるゲームに最適なWiFi6を搭載し、eスポーツに必要な要素を全て備えます。

快適なゲーミングノートPCのスペック

ゲーミングノートPCのスペック

ゲーミングノートPCのスペックについて解説します。

まずはゲーミングノートPCのスペックの考え方について解説し、その後CPU・グラフィックボードのおすすめをそれぞれ紹介していきます。

デスクトップに比べ性能が低い

ゲーミングノートPCに搭載されるパーツは、デスクトップにも使われる汎用パーツとノート専用パーツがあります。

デスクトップPCと全く同じ型番のパーツがゲーミングノートPCでも採用されることがありますが、同じ型番でもゲーミングノートPC搭載時はスペックが下がります。

CPUでは型番末尾に「H」のつくもの、GPUでは「Max-Q」がノート専用パーツに該当しますが、それらもデスクトップ用パーツに比べ性能が低いことを認識しておきましょう。

ハイエンドはおすすめできない

ゲーミングノートPCを購入する際は、ハイエンドモデルはおすすめできません。

理由は「排熱性能」と「コストパフォーマンス」の2つです。

PCパーツは性能が上がるほど発熱量が増えていきます。

ノートPCではサイズに余裕がないため排熱がうまくいかず、熱暴走を抑えるために性能が下がったり、ファンが高速回転して騒音がするなどのデメリットがあります。

エントリー~ミドルスペックのゲーミングノートPCは、同スペック帯のデスクトップPCに比べ価格差は2~3万円程度しかありません。

しかしハイエンドモデルは10万円以上価格差が出ることもあります。

またゲーミングノートPCは「持ち運びの頻度」「熱による劣化」によるパーツの消耗が速く寿命が短いため、ハイエンドモデルの購入はおすすめしません。

ゲーミングノートにおすすめのCPU

PCスペック CPU種類
ハイエンド ・Core i7-10750H
・Core i7-9750H
・Ryzen 7 3700X
エントリー/ミドルスペック ・Core i5-10300H
・Ryzen 5 3600
CPU性能比較表【2020年最新版】
2020年最新版のCPU性能比較表です。ゲーミングPCに適したCPUを中心に、ベンチマークスコアをはじめとしたスペックが比較できます。好みに合わせたソートも可能です。更新により随時新しいCPUを追加しています。

Core i7-10750H / 6コア12スレッド

最新第10世代のIntel製CPUです。

上位グレードとしてCore i7-10875Hがありますがコストパフォーマンス的にはCore i7-10750H がトップクラスです。

モバイル用ですが性能は高くデスクトップ版の第9世代i5以上の性能です。

CPU性能が求められるFPSやMOBAにおすすめのCPUです。

Core i7-9750H / 6コア12スレッド

上記のCore i7-10750Hの1世代前の第9世代のモデルです。

コア数スレッド数は同じですがモデルチェンジにより僅かに性能が上昇しています。

性能の差はCore i7-10750Hと大差ないのであまり気にする必要はありません。

Core i5-10300H / 4コア 8スレッド

最新第10世代のCore i5です。

性能は上記の2つのCPUに劣りますがゲーム用としては十分な性能をしています。

バトロワゲームやMMOであればこちらのCPUでもプレイングに影響は殆どありません。

Ryzen 7 3700X / 8コア 16スレッド

AMD製で人気の高いRyzen 7 3700Xは8コア16スレッドながら価格がintel製に比べ安く、コストパフォーマンスが優秀です。

CPUの性能が高いので動画配信や動画編集などで効果を発揮することができます。

ゲームプレイよりも生放送や動画投稿などに重きを置いているユーザーであればRyzen 7 3700X搭載のゲーミングノートPCをおすすめします。

Ryzen 5 3600 / 6コア 12スレッド

上記のRyzen 7 3700Xと同じくAMD製の人気CPUです。

搭載されているノートPCは少ないですが、価格の割に性能は高くゲームプレイは快適に行える程の性能は有しています。

ゲーミングノートにおすすめのグラフィックボード

PCスペック GPU種類
ハイエンド ・GeForce RTX 2080 SUPER
・GeForce RTX 2070 SUPER
・GeForce RTX 2070
ミドルスペック ・GeForce RTX 2060
・GeForce RTX 2070 MAX-Q
ローエンド/エントリーモデル ・GeForce GTX 1650 Ti
・GeForce GTX 1660 Ti

ゲーミングノートPC用のグラフィックボード選びは難しく、性能が高いグラフィックボードを選んでも性能を発揮することができなかったり、重量が増えてしまって携帯性が損なわれたりといった問題が生じます。

また現状RTX30シリーズを搭載したゲーミングノートPCはリリースされていません。

グラフィックボード(GPU)性能比較表【2020年最新版】
2020年最新版のグラフィックボード性能比較表です。ゲーミングPCに適したGPUを中心に、ベンチマークスコアをはじめとしたスペックが比較できます。好みに合わせたソートも可能です。更新により随時新しいグラフィックボードを追加しています。

通常GPUとMAX-Qの違いは?

通常GPUとMax-Qは「サイズ」「温度とファン」「性能」の3つが異なります。

MAX-Qデザインの方がサイズが小さく薄型であるため、ゲーミングノートPC全体のサイズを小さくすることができます。

重さも400gほど軽量なため、持ち運びをメインとするならMAX-Q搭載をおすすめします。

NVIDIA公式サイトによるとMAX-Qのほうが静音で、高負荷時の温度が通常モデルに比べて7~8℃程低いです。

小型軽量・静音低温度と優れているMAX-Qですが、性能は通常GPUに劣ります。

ベンチマークで比較すると7%~10%程性能が低い結果になっています。

性能をとるか、軽量である携帯性をとるかによってMAX-Qか通常モデルか選択しましょう。

ゲーミングノートPCの選び方

ゲーミングノートPCの選び方

ゲーミングノートPCはデスクトップと比べ、ディスプレイの大きさ・重量・サイズなども重要です。

デスクトップPCに比べ選択肢が少ないですが、2018年頃から市場規模がじわじわと上がっていることもあり現在では多くのメーカーがゲーミングノートPCを販売しています。

それでは実際にゲーミングノートPCの選びについて詳しく解説していきます。

持ち歩くなら軽量ゲーミングノートがおすすめ

ゲーミングノートを選択する上で重要になるのが「携帯性」です。

高スペックなものは重く、軽いものは性能が低い傾向にあります。

そのため携帯性とスペックの割合がゲーミングノートPC選びで一番重要になります。

選ぶ際の基準として

  • 体感的に2.5kgを超えると重く感じる
  • 頻繁に持ち歩く場合はとにかく軽量モデルがおすすめ

この2つを覚えておくとゲーミングノート選びで役立ちます。

液晶サイズやリフレッシュレートに注意する

ゲーミングノートPCは液晶が一体になっています。

液晶サイズは13インチと小型のものから、一般的な15インチ、大型の17インチと3サイズあります。

持ち運びを考えるなら15インチ以下がおすすめです。

17インチは重量が重く、持ち運びを想定しない構成であることが多いです。

液晶モニターのリフレッシュレートもとても重要なポイントです。

リフレッシュレートとは「1秒間に画面が何回書き換わったかを計る値」を差します。

例えば60Hzならば1秒間に60回画面が書き換わります。

リフレッシュレートが高いほど画面は滑らかに動き、低いともっさりした印象が残ったり目の疲労の原因にもなります。

特にFPSや格闘ゲーム、MOBAといったジャンルのゲームではリフレッシュレートで僅かに有利不利が生じます。

対戦ジャンルのゲームをするユーザーは、144Hz以上のリフレッシュレートの液晶が搭載されているゲーミングノートPCがおすすめです。

キーボードの打ちやすさ

キーボードの打ちやすさはゲームプレイの快適さに大きく影響します。

デスクトップ用のゲーミングキーボードは「メカニカルスイッチ」という機構のキーボードが殆どですが、ゲーミングノートPCの場合はサイズ的に「パンタグラフ式」という機構が多いです。

そのため外部キーボードを使用しない場合は、実際に店頭などでキーボードの打鍵感を確かめて購入することをおすすめします。

外出先で使用するならバッテリー駆動時間もチェック

コンセントのない場所での使用を想定するなら、バッテリーの駆動時間もしっかりチェックしましょう。

ハイスペックなものは消費電力が大きく駆動時間が短いので、バッテリーでの動作を主とするならローエンドかミドルスペックがおすすめです。

また本体サイズによってもバッテリーの大きさが変わるのでチェックしてみてください。

ゲーミングノートPCのおすすめメーカー

  1. パソコン工房
  2. ドスパラ
  3. フロンティア
  4. Razer

ゲーミングノートのおすすめメーカーを4つピックアップしました。

パソコン工房

パソコン工房の最大の特徴はラインナップの豊富さです。

様々なスペックのPCがラインナップされているため、自分のライフスタイルや求めるスペックにあったゲーミングノートPCを選択することができます。

コスパが良く、サポート体勢も万全なのでおすすめです。

ドスパラ

ドスパラはBTOメーカーでも日本最大手のメーカーです。

大手メーカーなだけあってコストパフォーマンスが高く、ユーザーのニーズに応じたモデルのPCを多く販売しています。

ゲーミングノートPCでは1.9Kg前後の軽量モデルが多く、頻繁に持ち運びをするユーザーにおすすめのメーカーです。

頻繁にセールを行うためお得にPCを購入できる機会が多いのも魅力です。

フロンティア

フロンティアは価格が安くバランスのいいパーツ構成のPCが多く、コストパフォーマンスに優れています。

とにかく安価でゲーミングノートPCを購入したいという方におすすめです。

ラインナップは多くありませんが、日替りセール・月替りセールで大幅割引になるのが魅力です。

Razer

人気ゲーミングデバイスのメーカーのRazerもゲーミングノートを販売しています。

デバイスメーカーなだけあってデザインはスタイリッシュでかっこよく、高スペックなゲーミングノートPCを販売しています。

値段はかなり高く、超ハイエンドなゲーミングノートPCを購入したい方やRazerファンにしかおすすめできません。

ゲーミングノートPCを買ってはいけない噂は本当か

一昔前までは「ゲーミングノートPCはスペックの割に値段が高い」「壊れやすく買わない方がいい」と言われていました。

しかし近年ではノートPCパーツの性能も上昇し、ゲーミングノートPCでも快適にゲームをプレイすることができます。

勿論コストパフォーマンスや排熱などの点からデスクトップPCの方がおすすめですが、自分のライフスタイルに合わせてゲーミングノートを選択しても全く問題ありません。

ゲーミングノートをおすすめしない理由|デスクトップとの違い
ゲーミングノートをおすすめしない理由を解説しています。ゲーミングノートはデスクトップと比較すれば確かに劣ります。しかし「ゲーミングノートを買うぐらいならゲーミングPCを諦める」ほどではありません。その理由を具体例とともに紹介します。

おすすめゲーミングノートPCまとめ

おすすめゲーミングノートPCと選び方について詳しく解説しました。

デスクトップPCはかなりスペースを取るので、カジュアルなPCゲーマーにはゲーミングノートPCが最適です。

本記事で紹介しているおすすめゲーミングノートPCをそのまま購入しても損はありませんし、選び方を参考にご自身の用途にマッチしたモデルを購入しても良いでしょう。

ゲーミングPC人気おすすめランキング【2020年最新】
2020年最新のゲーミングPCおすすめランキングTOP10です。コスパを重視したランキングで、性能・コスパ・静音性を数値化し総合評価を算出したわかりやすい評価付けをしています。ゲーミングPCの失敗しない選び方や、買い方の注意点も紹介。
タイトルとURLをコピーしました